2018 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2018 05
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
裏・プログレ家系図制作PJ 1351番から1400番まで。
- 2005/12/25(Sun) -
裏・プログレ家系図制作PJ」 1351番から1400番までの履歴です。参加された皆様ありがとうございました。

コメント欄を利用してプログレ・ミュージシャンの家系図を作ります。
直前の書込みミュージシャンとつながりのあるミュージシャンを考えてください。
つながりのあるミュージシャンとは下記のような場合を指します。
 ・ 同じバンドに在籍した(メジャーデビューしていないバンドでも可)
 ・ ゲストとして正規発表されている作品(ライブを含む)に参加した
 ・ 正規発表されている作品をプロデュースした
 ・ 正規発表されている作品に曲を提供した(一方的なカバーは除く)

ここで言うミュージシャンは何らかの形で音を出している人に限定します。
関連作品で音を出してなくても(曲提供など)、他で音を出していればOKです。
よってプロデュース、アレンジ、作詞、作曲などの専任アーティストは除きます。
同じ作品にクレジットされていればゲスト同士などでも”つながりあり”とします。

投稿ルールは若干変更しました。
1.「Progressive Café」の場合は「はい」が必要でしたが、こちらでは不要です。
直接ミュージシャン名やコメントをエントリーしていただいてかまいません。
これはDoblogのコメント欄にタイトルを記す場所がないためです。
2.前のミュージシャンとのつながりについて必ずコメントしていただくのは「Progressive Café」同様です。
3.連続投稿のみ前回のエントリーから24時間を経過した時点でOKとします。
4.既出のミュージシャンのチェックはこちらからどうぞ

現在1番から1400番まで続いております

1351. 熊田洋(小松亮太率いるザ・タンギスツでピアノを担当)
1352. 鳥山雄司(熊田洋も参加している小松亮太の「Tangologue」に「ジェラス・マン」という曲を提供)
1353. 和泉宏隆(鳥山雄司の現在のユニット「Pyramid」に参加)
1354. 神保彰(鳥山雄司、和泉宏隆の3人でOkay Boysというジャズ・フュージョン・ユニットで活動)
1355. Brian Bromberg(神保彰のJBプロジェクトというピアノトリオで「ブロンボ!」というアルバムで共演)
1356. Alex Acuna(「Portrait of Jaco」でBrian Brombergと共演)
1357. Abraham Laboriel(『ラティーノ』ほか数多くのバンド、アルバムでAlex Acunaと共演)
1358. Ernie Watts(Lee RitenourバンドでAbraham Laborielと同僚)
1359. Buddy Rich(Ernie WattsはBuddy RichのBig Bandに参加)
1360. Mel Torme(「Together Again」等のアルバムでBuddy Richと共演)
1361. Les Baxter(Mel Tormeの「Heart and Soul」にアレンジ、コーラス、ヴォーカルとしてクレジット)
1362. Nat King Cole(「Here's To My Lady」等のアルバムでLes Baxterがアレンジやオーケストレーションを担当)
1363. Irving Ashby(Nat King Coleバンドのギタリストとして「Lush Life」その他多くの作品にクレジット)
1364. Lester Young(「The Complete Charlie Parker On Verve」というアルバムにIrving AshbyとともにLester Youngがクレジット)
1365. Rene Urtreger(「Pres in Europe」でLester Youngと共演)
1366. Barney Wilen(Miles Davisの「死刑台のエレベーター」でサックスを担当)
1367. Andy Newmark(Stivie Nicksの「Rock A Little」でBarney Wilenと共にクレジット)
1368. Neil Hubbard(Roxy Musicの「Avalon」でAndy Newmarkと共にクレジット)
1369. Keith Christmas(「Brighter Day」というアルバムでNeil Hubbardがギターでクレジット)
1370. Alan Spenner(Keith Christmas/「Brighter Day」にベースで参加)
1371. Ted Nugent(「Cat Scratch Fever」にAllan Spennerが参加)
1372. Terri Nunn(Berlinの女性ヴォーカリスト。「Count Three and Pray」にTed Nugentはギターでクレジット)
1373. Andrew Eldritch(Sisters Of Mercyのリーダー。「Under The Gun」のヴォーカルがTerri Nunn)
1374. Wayne Hussey(第1期Siters Of Mercyのギタリスト)
1375. Tim Bricheno(All About Eve ~ Sisters of Mercyのギタリスト。Wayne usseyはAll About Eveの1stアルバム「イブの序曲」にコーラス等で参加)
1376. Andy Cousin(All About Eveのベーシスト)
1377. Mark Price(All About Eveのドラム)
1378. Jah Wobble(Mark PriceはSinead O'Connorの「Faith and Courage」でリズム・プログラミング、Jah Woobleはベースでクレジット)
1379. Bobby Gillespie(Primal Scream『Screamadelica』に「HIGHER THAN THE SUN」にヴォーカルとしてクレジット)
1380. Kevin Shields(My Bloody Valetineのギタリスト、「XTRMNTR」ではミキシングを担当)
1381. Mani (Gary Mountfield)(元The Stone Rosesのベーシスト、『XTRMNTR 』にベースで参加)
1382. Martin Duffy(Primal Screamの鍵盤担当、ManiもKevinもMartinも「Live In Japan」にクレジット)
1383. Lawrence(Felt時代にMartin Duffyと同僚)
1384. Maurice Deebank(Feltの4thアルバム「Ignite The Seven Cannons」はLawrence、Maurice、Martinといった鉄壁の布陣)
1385. Elizabeth Fraser(Feltの「Ignite The Seven Cannons」にヴォーカルで参加)
1386. Howard Devoto(This Mortal Coilの「 It'll End in Tears」でElizabeth Fraserと共にヴォーカルでクレジット)
1387. Lisa Gerrard(Dead Can Danceのヴォーカル、「 It'll End in Tears」にコーラス等でクレジット)
1388. Malka Spigel(Minimal Compactのベース兼ヴォーカル。Lisa Gerrardと共にHector Zazouの「Sahara Blue」にクレジット)
1389. Colin Newman(Wireのギター兼ヴォーカル。Colin Newmanの「It Seems」にMalka Spigelがクレジット)
1390. Mike Thorne(Wireの『Pink Flag』のプロデューサー)
1391. Marc Almond(Soft Cellのヴォーカル。「Non-Stop Erotic Cabaret」のプロデューサーがMike Thorne)
1392. Dave Ball(Soft Cellのエレクトロニクス・音響担当)
1393. Genesis.P.Orridge(Dave Ballのソロ・アルバム「In Strict Tempo」にヴォーカルで参加)
1394. Virginia Astley(Dave Ballのソロ・アルバム「In Strict Tempo」にフルートとコーラスで参加)
1395. Richard Jobson(Skidsのヴォーカル。Skidsの「Joy」というアルバムにVirginia Astleyはフルートでクレジット)
1396. Billy Currie(The Armoury Showの「Waiting for the Floods」でRichard Jobsonと共演)
1397. Steve Strange(Visageのボーカル、アルバム「Visage」にBilly Currieが参加)
1398. John McGeoch(「Visage」にギターでクレジット)
1399. Steve Severin(Siouxsie & the Bansheesのベース。John McGeochは「Kaleidoscope」「Juju」「A Kiss in the Dreamhouse」にクレジット。
1400. John Valentine Carruthers(元Clock DVAのギタリスト。Siouxsie and the Bansheesには「Tinder Box」「Through the Looking Glass」ではクレジット。

スポンサーサイト
この記事のURL | 裏・プログレ家系図制作PJ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<不条理音盤委員会 256 Martin Carthy 「Right Of Passage」 | メイン | 不条理音盤委員会 255 Thrashing Doves 「Trouble In The Home」>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://mao4735.blog85.fc2.com/tb.php/996-7fe9da46
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。