2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
不条理音盤委員会 485 Tom Tom Club 「TOM TOM CLUB」
- 2007/03/26(Mon) -
ラーメン好きの片桐と言います。
週に1,2度片桐家の前の県道からチャルメラのBGMがドップラー現象を伴って聞こえてくる時があります。それはワゴン車を屋台風に改造したラーメン屋さんで、最近この近辺で商売を始めたのかちょくちょく通るのですが、おいしいかどうか不明なので車を止めて食べてみようという気持ちにはなれず、町内会の顔見知りに訊ねてもこのラーメンを食べたことのある人がおらず、果たしてどれだけ売り上げがあるんだろうと?他人事ながら心配しています。

Tom_Tom_Club.jpg


というわけで、1980年に名盤と称される「Remain In Light」を発表したTalking HeadsのベーシストTina WeymouthとドラマーでTinaの夫でもあるChris Frantzが息抜き的にお遊び感覚で発表した「おしゃべり魔女」がヒットしてしまったために本格的に活動を始めたというエピソードも超有名なTom Tom Clubの1stアルバムです。もう、このジャケットまんまのファンキーで、カリブで、アフロであるというスーパーご機嫌なアッパー・ポップ・サウンドで、夫婦のみならず友人のミュージシャンやTinaの妹LoricとLaura、娘のLaniまで動員してラップやらダブやらまで導入した陽気&能天気サウンドはまさに自由奔放な傑作としか言いようがありませんね。ポップ・ミュージックとしてのラップの普及に一役買った功績は大きいとまで評価されている、まさに“おしゃべり”な大ヒットナンバー「Wordy Rappinghood」、 James Brownに敬意を表したとされ、Mariha Careyの大ヒット曲「Fantasy」の元ネタとして知らない人はいない「Genius Of Love」、ドラム&パーカッションが打ち鳴らされるインター・ルード的な「Tom Tom Theme」からAdrian Belewの十八番である象の鳴き声ギターをフューチャーしてアフロとテクノが融合したようなバランス感覚が楽しい「L'Elephant」、本家Taking Headsっぽいオルタナネイティヴな雰囲気の「As Above, So Below」、タイトなリズムにいろいろな鳴り物やシンセ音が絡んでいく「Lorelei」、80年代ニュー・ウエィヴの典型ともいえそうなギュ~ンというギターとバタバタ・ドラムの「On, On, On, On」、乾いた音色のギター・サウンドにノイジーな語りが延々続く「Booming And Zooming」、The Driftersの名曲を脱力満点のカリプソ風に仕上げた「Under The Boardwalk」まで,摩訶不思議なシンセ音やパーカッションが随所に隠し味的に織り込まれた楽しさ幕の内弁当的なアルバムなのですが、実は本当はシニカルな視線やインテリジェンスな感性もちらりとうかがえるといった踏み絵的な点も聞き逃してはなりませぬ。。。。。ボーナス・トラックとして「Lorelei 」「Wordy Rappinghood」「Genius Of Love 」の長尺も入ってお買い得なCD仕様がまた嬉しいですね。

試聴音源はこちらから
http://www.cduniverse.com/productinfo.asp?pid=1099344&cart=507324666&BAB=E


スポンサーサイト
この記事のURL | Rock / Pop | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<不条理音盤委員会 486 Moebius-Plank-Neumeier 「Zero Set」 | メイン | 瑣末的日常電視台 6>>
コメント
- -

>hello nicoさん
・・・「おしゃべり魔女」がFENから流れてきた時には変な曲だな~と思っていました。片桐的にもレンタル落としで聴いていましたが、マライアのPVを見たときにCDを買った記憶があります。面白さというよりはやはりこのおもちゃ箱みたいな楽しさが快感です。Talking Headsのイメージはないですよね、確かに。。。。
2007/03/29 13:36  | URL | 片桐真央 #-[ 編集] |  ▲ top

- -

懐かしいですね。
結局アルバムは買わずにレンタルレコードを録音して聴いてましたので、今頭の中で思い出せるのは(会社なので試聴できない)の「Wordy Rappinghood」と「Lorelei」くらいなのですが、何でこんな取り立てて上手くも無いし、おもちゃ箱みたいな曲がヒットしたのかなと思います。やはり当時としては目新しく面白かったんでしょうね。確かに聴いてて楽しい。
当時はなかなかトーキング・ヘッズとイメージが結びつかなかったですよ。
2007/03/28 12:50  | URL | hello nico #GCA3nAmE[ 編集] |  ▲ top

- -

>ゆうけいさん
>「Remain In Light」は世間が誉めるほど好きにはなれなかったのですが
・・・やはりあの音は頭の中で創りあげたイメージとしてのアフリカなんでしょうね。全体的にギクシャクとしたような感じもします。映像も合わせてみるとまた違うような気もしますが、「Stop Making Sense」を見ても、David Byrneとここの夫婦のノリの差ってはっきりしていますよね。本当に気晴らし的に作ったのがこのアルバムだと思います。
2007/03/28 12:46  | URL | 片桐真央 #-[ 編集] |  ▲ top

- -

以前プログレ家系図で思い違いを指摘していただきましたね。「Remain In Light」は世間が誉めるほど好きにはなれなかったのですが、このアルバムは理屈抜きで楽しいですよね。
2007/03/27 12:31  | URL | ゆうけい #PrUf/QBU[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://mao4735.blog85.fc2.com/tb.php/96-6aa14351
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。