2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
不条理音盤委員会 184 Patty Smyth and Scandal
- 2005/09/06(Tue) -
R-630023-1226675036.jpg

前回のKatrina And The WavesをAmazonで検索すると同時にノミネートされるのがPatty Smythです。彼女はNY出身の女性ヴォーカリストで1982年にScandalというロックバンドでデビューしました。84年に発表した「The Warrior」では何故かScandal featuring Patty Smythという名義で発表されています。程なくして彼女は脱退してソロ活動を開始するので、バンドからの離脱~ソロ活動というのは既に決まっていた路線だったのかもしれません。このアルバムからはタイトル曲の「The Warrior」がヒットしたので記憶している方も少なくないと思われますが、この曲を筆頭に彼女の伸びやかな声を生かしたハード・ポップなサウンドはいかにもアメリカらしいという印象を強く受けます。バックをつとめるScandalの演奏もカラリとしたギターを中心に時にはハードに、時にはメロウな音でしっかり彼女をサポートしていますし、時折入るコーラスがまた微妙な美しさを感じさせます。
・・・で、ソロに転向してからは何故か非常に美人ジャケットになりました
(お!と思った方は公式HPで確認してみてください・・笑)

Patty Smythの公式HPはこちらから
http://www.phan.org/psfc/
試聴音源はこちらから
http://www.mp3.com/albums/14097/summary.html

スポンサーサイト
この記事のURL | Rock / Pop | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<不条理音盤委員会 185 Saffron Summerfield | メイン | 不条理音盤委員会 183 Katrina And The Waves>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://mao4735.blog85.fc2.com/tb.php/889-05f56ee7
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。