2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
不条理音盤委員会 162 Lene Marlin 「Playing My Game」
- 2005/08/02(Tue) -
411EZ1APR5L__SL500_AA240_.jpg

最近3rdアルバム「Lost In A Moment」を発表し、世間で評判の高いノルウェー出身の女性SSW、Lene Marlinの99年のデビューアルバム「Playing My Game」です。このアルバムはヨーロッパを中心に200万枚以上のセールスを記録したらしいのですが、確かに北欧を感じさせるメランコリックな曲に、Leneの冷たく透き通るような歌声はピュアそのものと言っても間違いないでしょう。普通の日常風景を切り取ったような歌詞をそれこそ淡々と歌う姿はどこか孤高のイメージを感じさせますが、そういった芯の強さを前面に出すこともせずに、生きている喜びのような想いを、素直な気持ちで呟くように歌っています。舌足らずのヴォーカルが可愛い「Sitting Down Here」、Sarahレーベルのアーティストを一瞬思い浮かべる「Unforgivable Sinner」「One Year Go」、スローな曲で語りかけるような「Flown Away」、ブリット・ポップぽい「So I See」、リフがFeltな「Where I’m Headed」、これまたリフがField Miceぽい「A Place Near By」と80~90年代のギター・ポップを聴いてきた人であれば思わず納得してしまう手作り感覚の曲は感涙ものです(笑)。こういった音楽性のために宅録と思われるチープな打ち込みやミキシングあるいは音質の悪さもあまり気にならないのが不思議です。そんなさりげなさが目いっぱい詰まったアルバムだという印象があるのです。

公式HPはこちらから(音源とPVが試聴できます)
http://www.lenemarlin.com/

試聴音源はこちらから
http://www.amazon.de/exec/obidos/ASIN/B000028E84/qid=1122829255/sr=1-8/ref=sr_1_11_8/028-5104855-2238927

スポンサーサイト
この記事のURL | Female Artsits | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<不条理音盤委員会 163 Solstice 「Silent Dance」 | メイン | 不条理音盤委員会 161 Muriel Zoe 「Neon Blue」>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://mao4735.blog85.fc2.com/tb.php/866-a34d56e9
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。