2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
不条理音盤委員会 133 Marina 「Tha Figo Tha Stin Kano」
- 2005/06/30(Thu) -
5203370215103.jpg

好みの女性アーティストを羅列しているのですが、今日はギリシア美人を。
Garden Shedではプログレ系のCDが充実しているのはもちろんのこと、女性アーティストの品揃えに関しては更に輪をかけたピカイチのラインナップなのですが、そこで目にとまった一枚がMarina 「Tha Figo Tha Stin Kano」です。ちょっとエロっぽいジャケットに相応しい?その音は、パーカッションや民族楽器が絡むエキゾチックなサウンドを主体としているのは、いかにもギリシアっぽさを感じさせてくれるのですが、その一方で所々に織り込まれた鳴り物系の小技がまた個人的なツボにはまります。この人は顔に似合わず?結構声が太いのですが、その声の持ち味を存分にいかしたプロダクションは控えめな音作りになっている分、逆に声を前面に浮き彫りにして、結果的に彼女の魅力を存分に発揮させていると思うのですが・・・・ハードなギターにハウス風のビートがからむ「Tha figo tha stin kano (club mix)」、ラップやクリック音を効果的に使用した「Remember」「Pare maheri 」、サイケデリック・エキゾチック・ピアノ・トランス風(すごい表現・・・汗)の「Ma to xeris」 とイケイケのダンス・ナンバーもいいのですが、スローなテンポのバラード調の「Dose mou」「Tha figo tha stin kano」 での艶のある歌い方には思わず秒殺されてしまうのです……(-。-) ボソッ。
試聴音源はこちらから
http://www.greekshops.com/detail.aspx?ProdID=5203370215103

スポンサーサイト
この記事のURL | Female Artsits | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<不条理音盤委員会 134 Madonna 「Madonna」 | メイン | 不条理音盤委員会 132 Mariana Kalcheva 「Vliubeno syrce」>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://mao4735.blog85.fc2.com/tb.php/822-5e0ee56b
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。