2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
裏・プログレ家系図制作PJ ・Part1 1001 ~ 1056
- 2005/06/28(Tue) -
ルールは基本的に「Progressive Café」と同じですので、francofrehleyさんのところからコピーさせていただきます(謝X20)。

コメント欄を利用してプログレ・ミュージシャンの家系図を作ります。
直前の書込みミュージシャンとつながりのあるミュージシャンを考えてください。
つながりのあるミュージシャンとは下記のような場合を指します。
 ・ 同じバンドに在籍した(メジャーデビューしていないバンドでも可)
 ・ ゲストとして正規発表されている作品(ライブを含む)に参加した
 ・ 正規発表されている作品をプロデュースした
 ・ 正規発表されている作品に曲を提供した(一方的なカバーは除く)

ここで言うミュージシャンは何らかの形で音を出している人に限定します。
関連作品で音を出してなくても(曲提供など)、他で音を出していればOKです。
よってプロデュース、アレンジ、作詞、作曲などの専任アーティストは除きます。
同じ作品にクレジットされていればゲスト同士などでも”つながりあり”とします。

投稿ルールは若干変更しました。
1.「Progressive Café」の場合は「はい」が必要でしたが、こちらでは不要です。
直接ミュージシャン名やコメントをエントリーしていただいてかまいません。
これはDoblogのコメント欄にタイトルを記す場所がないためです。
2.前のミュージシャンとのつながりについて必ずコメントしていただくのは「Progressive Café」同様です。
3.連続投稿のみ前回のエントリーから24時間を経過した時点でOKとします。
4.既出のミュージシャンのチェックはこちらからどうぞ

現在1001番~1056番まで進みました。

1001. Basia(Patrick Claharがアルバム「「Sweetest Iliusion」に参加」
1002. Phil Harding(Basiaのアルバム「Brave New Hope」でミキシングを担当)
1003. Neil Tennant(Pet Shop Boysのメンバー。アルバム「Disco」のエンジニアをPhil Hardingが担当)
1004. Chris Lowe(Pet Shop Boysのメンバー。)
1005. Bernard Sumner(Electronicのアルバム「Electronic」にNeil TennantとChirs Loweが参加)
1006. Karl Bartos(Electronicのアルバム「Raise The Pressure」に参加。Bernard Sumnerと共演)
1007. Andy McCluskey(Karl BartosのユニットElektric Musicの「Kissing The Machine」でヴォーカル担当)
1008. Ian Broudie(彼のプロジェクトThe Lightning Seedsの「Cloudcuckooland」にAndy McCluskeyがキーボードで参加)
1009. Henry Priestman(「Cloudcuckooland」にピアノとキーボードで参加)
1010. Robert Ian McNabb(「Cloudcuckooland」にギターとキーボードで参加)
1011. Mike Scott(「Still Burning」に. Robert Ian McNabbがヴォーカルで参加)
1012. Nikki Sudden(「Bible belt」にMike Scottがピアノとギターで参加)
1013. Epic Soundtracks(Nikki Suddenの「Bible belt」にドラムで参加)。
1014. Anthony Thistlethwaite((Nikki Suddenの「Bible belt」にサックスとコーラスで参加)
1015. Karl Wallinger(Anthony Thistlethwaiteの「Crawfish & Caviar」でハモンドで参加)
1016. Sinead O’Connor(Karl WallingerのユニットWorld Partyの「Private Revolution」でバックグラウンド・ヴォーカルで参加)。
1017. Adrian Sherwood(Sinead O’Connorの「Sean-Nos Nua」のミキシング担当)
1018. Sharon Shannon(Sinead O’Connorの「Sean-Nos Nua」にアコーディオンで参加)
1019. Paul Brady(「SPIRITS COLLIDING」にSharon Shannonが参加)
1020. Mary Black(Paul Breadyの「Song Book」にバック・グラウンド・ヴォーカルでクレジット)
1021. Steve Cooney(Mary Blackの「Speaking With The Angel」作品でギターおよびプロデュースを担当)
1022. Gavin Friday(Virgin Prunesのメンバー。このバンドの初期のアルバム「If I die I die」でSteve Cooneyがギターで参加)
1023. Adam Clayton(U2のベーシスト。「One」にGavin Frydayがバックヴォーカルで参加)
1024. Maria McKee(Robbie Robertsonの「Robbie Robertson」にAdam Claytonがベースで、Maria McKeeがコーラスで参加)
1025. Shane Fontayne(Maria McKeeと共にLone Justiceのメンバー)
1026. Richard Marx(「My Own Best Enemy」にShane Fontayneがギターで参加)
1027. Luther Vandross(Richard Marxの「Rush Street」にバック・ヴォーカルで参加)
1028. Fonzi Thornton(Luther Vandrossの「Bush Body」等にバック・ヴォーカルで参加)
1029. Peter Wolf(J.Geils Bandの元ヴォーカル。「Freeze Frame」にFonzi Thorntonがバック・グラウンド・ヴォーカルで参加)。
1030. Jay. Geils(J.Geils バンドのリーダー)
1031. Seth Justman(J.Geils Bandで鍵盤を担当)
1032. "Blondie" Debbie Harry(Debby Harryの「Rockbird」に入っている「You Got Me In Trouble」という曲をSeth Justmanと共作)
1033. Tom Bailey(Thompson Twinsのメンバー。「Big Trash」にDebbie Harryはヴォーカルで参加)
1034. Paul Haig(「Rhythm Of Life」にTom Baileyがキーボードとパーカッションで参加)
1035. Malcolm Ross (Josef.K時代はもちろんのこと、Paul Haigの「Warp Of Pure Fun」でもギターで参加)
1036. Zeke Manyika(Orange Juice「Rip It Up」でMalcolm Rossと一緒でした)
1037. Anna Domino(The Theの「Infected」でZeke Manyikaと共にクレジットされています)
1038. Andrew Poppy(The Theの「Infected」でブラスのアレンジメントとしてクレジット)
1039. Neneh Cherry(The Theの「Infected」にバック・グラウンド・ヴォーカルで参加)
1040. Trilok Gurtu(「Kathak」にNeneh Cherryがヴォーカルで参加)
1041. Talvin Singh(「Back To Mine」にTrilok Gurtuがタブラで参加)
1042. Chara( 2001年の坂本龍一プロデュースのチャリティー・プロジェクト「ZERO LANDMINE」でTalvin Singhと共演)
1043. 小林武史(YEN TOWN BAND「Swallowtail Butterfly ~あいのうた~」の作曲者この曲のヴォーカルがChara)
1044. 牧瀬里穂(「P.S.RIHO」の「Miracle Love」のアレンジを小林武史が担当)
1045. 小室哲哉((「P.S.RIHO」に「キャンセルされたプライバシー」を提供)
1046. 安室奈美恵(「Sweet 19 Blues」等で小室哲哉がプロデュース及び曲を提供)
1047. 原一博(安室の「Say The Word」という曲でアレンジを担当)
1048. 厚見玲衣(原一博が楽曲を提供したZONEのアルバム「Z」においてアレンジを担当)
1049. 人見元基(Vow Wowで厚見玲衣と同僚)
1050. デーモン小暮(ディープ・パープルへのトリビュートアルバム「Who do They think We are ?」の一曲目「Burn」で人見元基と共演)
1051. 板倉文(仙波清彦とハニワオールスターズ「イン・コンサート」にデーモン小暮と共に参加しています。)
1052. 近藤達郎(板倉文とチャクラでの同僚)。
1053. れいち(近藤達郎とユニット、ウニタ・ミニマを組み、「世界の縁」というアルバムを発表)
1054. 清水一登(「Yet Somehow」という清水一登のアルバムに参加)
1055. 渡辺等(清水一登とれいちの夫婦ユニット「Arepos」にbベースで参加)
1056. 鬼束ちひろ(1st「インソムニア」に渡部等がel-b等で参加)
スポンサーサイト
この記事のURL | 裏・プログレ家系図制作PJ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<不条理音盤委員会 131 Emilia 「Samotna staia」 | メイン | 不条理音盤委員会 130 Vitamin Z 「Rites Of Passage」>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://mao4735.blog85.fc2.com/tb.php/819-82984fe1
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。