2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
不条理音盤委員会 89 Monsoon 「Third Eye」
- 2005/05/09(Mon) -

41AKMC1HSVL__SL500_AA240_.jpg

MonsoonはSheila Chandra、Steve Coe、Martin Smithの3人組のユニットで、83年前後にアルバム「Third Eye」とシングルを数枚発表しています。現在入手可能なCDは「Third Eye」とシングルAB面曲(リ・ミックスバージョンやヒンディ語バージョンも有り)を収録(全音源かも・・?)したお徳用の盤になっています(笑)。シタール、タブラ等のインド民族楽器と最新エレクトロニクスの融合。これにShiela Chandraの繊細なボーカルが入るといったそのサウンドは、当時はニューウェーブ的扱いで紹介されていました。純粋なヒンディ・ポップではなく、在英インド人としてのフィルターを通して表現した自己のアイデンティティの追求とでも言うのでしょうか?このアルバムがイギリスや日本でウケたのは、そのあまりにも原色に彩られたキッチュなサウンドに遠い国インドを夢見たからでしょう。その状況がShiela Chandra達の真意ではなかったのは、すぐに名義を彼女自身ノソロに変更して、より一層ヒンディの要素を取り入れたアルバムを発表していることからも明らかでしょう。ワールド・ミュージックという言葉さえなかった時代に、まだ10代だった彼女が切り拓いた道は、現在のUKエイジアンへと確実につながってますし、また90年代クラブ・シーンで台頭したインド・ドラムンベースやゴアトランスにも引けを取らない緻密さを感じさせると思います。まさに早すぎた一枚とも言うべきアルバムでしょう。ちなみにThe Beatlesのカバー「Tomorrow Never Knows」で例のビョ~~ンというE-Bow Guitarを弾いているのは何を隠そうBill Nelsonです。

試聴音源はこちらから
http://www.bestbuy.com/site/olspage.jsp?skuId=2404516&type=product&id=92115

スポンサーサイト
この記事のURL | Ethno Pop | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<不条理音盤委員会 90 Depeche Mode 「Some Great Reward」 | メイン | 不条理音盤委員会 88 China Crisis 「Fire And Steel」>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://mao4735.blog85.fc2.com/tb.php/776-8184e328
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。