2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
瑣末的日常電視台 144 DJ Mao 「Lost Gringos」
- 2009/04/23(Thu) -
先日、ころんさんのBlogで大層遊び心を感じさせる一文を読ませていただいたので、そのアンサー企画です。
それは、「自分も可愛い女の子グループをプロデュースして、みんなが唸るような(呆れるような?)面白いブツを作ってみたい!」というコンセプトに基づくもので以下はその妄想の産物でございます。

3Mustaphas3をこよなくリスペクトするDJ.Maoがその辺でたむろしていたRio、Luna、Yui、Cocoをナンパした挙句にポップスを歌わせてみようと試みた一枚。もちろんタイトルはNDW屈指のユニット名。
DJ.Maoが世界中のアーティストとWeb上でやり取りした音源を独自にミックスし、更に多種多様の音源を重ねることで一種の錬金術のようなドリーミーでカラフルな音楽を作り上げました。
反則技の連続としか言いようがない異種格闘技的な音の上に4人のお姉ちゃんたちのやる気がないとしか言いようがない声がかぶるラウンジとも脱力系ともいえる驚異的なアルバムに仕上がっています。
曲名は全て数字なのですが、DJ.Maoによればタイトルをつけるほどの曲でもないというのがその理由のようです。
インナーに挿入されたメンバー写真(?)

Rio
l_1A_DD_EEe_F8_7E_B1j_A9.jpg

Luna
l_F2_05_989+_D4_E35_3B.jpg

Yui
l_D2_95_D4_60_7D_0D6_D2_DA.jpg

Coco
l_3F_FE_C8_99_1C_C7_22_3CH.jpg

「No.1」・・・4人がそれぞれ自己紹介している音声をSteve Reichがミニマル風に次々に重ねていく曲。後半部からは中田ヤスタカの手によるAuto Tune+HarmonyEngineの近未来的な加工も施されている。
「No.2」・・・Richard Thompson(ac - G)、Steve Vai(El-G)、高橋竹山(三味線)のバッキングによる「イパネマの娘」のカバー曲。ソロ・ヴォーカルのLunaはどういうわけか歌詞をペルシア語で歌っている。コーラス・パートが終了した直後からのHukwe Zavoseの親指ピアノも交えたフリーキーなセッションは一聴の価値あり。
「No.3」・・・Ravi Shankar、Anoushka Shankar、Norah Jonesという親子のシタール&アコ・ギの演奏をメインにしたR&B系の曲。4人がひたすらラップ風に連呼しているのはDJ.Maoいきつけの中華料理店のメニューらしい。中間での長いケーナのソロはUna Ramos、トランペットはDon CherryとMiles Davisのサンプリング。
「No.4」・・・Rioの揚琴、Cocoの馬頭琴、Harold Buddのピアノによる「GymnopediaNo.1」の演奏をJah WoobleとBill Laswellがダブ処理。心地よい超低音のベースラインが支配する中で4人とKate Bush、Mari Boine、Jane Birkin、Marta Sebestyenが順番に山手線の駅名を自分なりのフレーズで歌うヴォーカル・パートが絶妙。合の手として挿入されているのはもちろんPerez Pradoのもの。
「No.5」・・・サムルノリ、トリニダードのスティール・パン・オーケストラ、ケーララのパーカッション集団、そしてKakraba Loviのバラフォンという異なった打楽器音源をFerry Corstin +DJ Tiestoが幻想的なユーロ・トランス風に仕上げた曲。4人のお姉ちゃんの喘ぎ声ヴォーカルがパス・フィルターで変幻自在に交錯する素晴らしいダンス・トラック。
「No.6」・・・Youth + Ben WatkinsのEmpty Quarter組がサイケデリック・トランス感覚にあふれた音響工作を施したガムラン風サウンドにYuiが般若心経を唱えるといった前半部から、一転してDerrick Mayによるデトロイト・テクノ的なシンセの上を4人のグレゴリアン・チャントのようなヴォーカルが無気力感を倍増させる後半部といった対比も鮮やかな曲。全編を通してノイジーなギターを聴かせてくれるのはSonic YouthのThurston Moore、イントロの8小節だけピアノを弾いているのは坂本龍一。
「No.7」・・・Diamanda Galasの破壊的なヴォーカルに続いて、Lunaのホーミー、Cocoのアーザーンが異常なほどのテンションで繰り広げられる。Holger Czukayの発信音のようなベースをきっかけに、Rioの口琴が大地の響きを聴かせ、Yuiのタンバリンとカスタネットがそれを煽り続ける。Grandmixer DSXの長いスクラッチに続くFurio Chirico、Terry Bozzio、Christian Vanderの変拍子炸裂ドラムは圧巻としか言いようがない。
「No.8」・・・最後を飾るにふさわしい一大アンセム・ナンバー。Valery Gergiev指揮のロンドン交響楽団による「ボレロ」をベースに、Pat Metheny(G)、Larry Carlton(G)、Donnal Luny(ブズーキ)、Davy Spillane(Ullian Pipe)、Jan Garbarek(Sax)、Didier Lockwood(Vln)、Patrick Moratz(Syn)がそれぞれソロを奏でる。Eberhard WeberとStanley Clarkeのベースのインプロ及びBilly Cobhamのドラム・ソロの後はエジプト国立舞踊団によるアラブ=アンダルシア風、タイ北東部イサーン地方のモーラム風、トルコの軍楽風とアレンジが変貌し、最後はIvo Papasovらによる11/8のロマ風で一気にフィナーレを迎えていく。曲中4人のどうでもいいトーキング・ヴォーカルと平家物語の詠唱がまさに涙を誘う。
細野晴臣の「この次はモア・ベターよ」という名セリフで幕を閉じるのだが、第2弾が出るか否かは売れ行き次第とのこと。。。。。


と、長々とアフォなことを書き綴ってしまいましたが、たまにはこんなにもいいのでは・・・?ということでご勘弁を(謝X100)。
スポンサーサイト
この記事のURL | 瑣末的日常電視台 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<流行歌曲再生舞踊団 206 Latino Party 「Tequila」 | メイン | 流行歌曲再生舞踊団 205 Blossom 「Just A Dream」>>
コメント
- Re: タイトルなし -

>ころんさん
> おおっ、ついに片桐先生も妄想の世界へ旅立たれましたか!仲間ですねえ。ようこそ、彼岸の世界へ(?)。2曲目と5曲目が超気になります。
…やはり、こういうネタはマニアックにいかないといけませんよね?
この手の音ならころんさんは容易に推定できると思いすけどwww。
基本はにわオールスターズ~ミジンコ楽団が元ネタになっています。

> メンバーの女子達、何だかアニメっぽさも感じさせるギャル系の娘が揃っていますが、なかなかヘッポコそうでいい感じですね~。好みはりおっちですが、髪が赤いのが残念。わっちは黒髪が好きなのでやんす。るなぴょんも結構好きです。
…もちろん、この写真はその手のサイトから拾ってきたわけですが、何故そういうサイトの女の子はヘッポコっぽいんでしょうかね(笑)。
りおっち好みですか。。。。自分はCocoが一番好みですwwwwwww。

> いずれこの娘達とヒワイイ大使とをジョイントさせて、ヒワイイMaoという名前で活動してみますか?などと妄想が広がる今日この頃でございます。失礼致しますた!
…ヒワイイMaoとなると、ユニットよりもなんかあちきが単なるエロ男になってしまっているような気が(爆)。
2009/04/24 18:28  | URL | 片桐真央 #-[ 編集] |  ▲ top

- -

おおっ、ついに片桐先生も妄想の世界へ旅立たれましたか!仲間ですねえ。ようこそ、彼岸の世界へ(?)。2曲目と5曲目が超気になります。

メンバーの女子達、何だかアニメっぽさも感じさせるギャル系の娘が揃っていますが、なかなかヘッポコそうでいい感じですね~。好みはりおっちですが、髪が赤いのが残念。わっちは黒髪が好きなのでやんす。るなぴょんも結構好きです。

いずれこの娘達とヒワイイ大使とをジョイントさせて、ヒワイイMaoという名前で活動してみますか?などと妄想が広がる今日この頃でございます。失礼致しますた!
2009/04/24 08:47  | URL | ころん #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://mao4735.blog85.fc2.com/tb.php/648-fc2dff29
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。