2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
不条理音盤委員会 620 Jan Garbarek Group 「Wayfarer」
- 2009/03/28(Sat) -
もう、終わってしまいましたが、国営テレビの土曜時代劇に男装して謎の剣士に扮している栗山千明さんを見て、GOGO夕張とかぶっているじゃん!と思った片桐といいます。と、いうか栗山さんが映画に出るとどのキャラも何となく同じような気がするのですが、やはり「死国」のラスト・シーンが印象的だったので、滝を見に行くとその辺の沼から沙代理が出てくるんじゃないかとちょっとビクビクします。出てきてくれれば、それはそれで嬉しいのですが。。。

3850E.jpg


と、いうわけでECMを代表するアーティストと呼んでも差し支えないと思われる(自信なし)、サックス奏者Jan Garbarekさんの1983年のアルバムです。ジャズ云々というよりは時々ECM系の音が無性に聴きたくなるような瞬間がありますが、ここで片桐が言うまでもなくJan Garbarekさんのサックスを中心にBill Frisell(Guitar)、Eberhard Weber(Bass)、Michael DiPasqua(Drums、 Percussion)といった浮遊感を強く感じさせながら、静かに押し上げてくるような独特のせめぎ合いのような演奏が繰り広げられていきます。
静謐な中からギターとサックスが浮かんでは消えてくるような波のごとき演奏を展開していく「Gesture」、 ロマンティックなサックスのフレーズから一転して緊張感あふれるセッションに移行する「Wayfarer」、ちょっと不穏な雰囲気を漂わせたEberhard Weberのベースが印象的な「Gentle」、サックスとギターが微妙にフリーキーに暴れる「Pendulum」、中東を感じさせるエスニックなサックスのフレーズが鳴り響いた後に、ムーディーな展開をみせる「Spor」、やはりサックスのブロウが弾ける中で、その他の3人のスリリングなインター・プレイが満喫できる「Singsong」まで、透明感と緊張に満ちあふれた演奏ながらもどこか不安げに感じてしまうような一枚のような気もします。
どこがどうというわけでもありませんが、Jan Garbarekのサックスの音はどこか人の心を見透かしているように深遠な響きを伴っているようです。それにまとわりつく如きBill Frisellのかきむしるようなギターにしろ、自己主張の強いEberhard Weberのベースといい、どこか聴く者の心の陰影を炙りだすような音ではないかという印象があります。

「Wayfarer」の音だけ。。。




スポンサーサイト
この記事のURL | Jazz (Not Jazz) | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<不条理音盤委員会 621 ZeeZee 「Waad Alaia」 | メイン | 流行歌曲再生舞踊団 203 Secret Ties 「Dancin' In My Sleep」>>
コメント
- Re: タイトルなし -

>ゆうけいさん、フォローありがとうございます。

> あると思います、じゃなかった、差し支えないと思います(笑。というか、他にはジョー・ロバーノとかジョン・サーマンくらいしか思いつかないですしねえ。エバーハルト・ウェーバーもECMを代表するベーシストですし、結構狭いECM人脈の中にビルが入ってきてる感じですね。
…ご存じのとおり、さほど詳しくないので自信なかったです。
ビルは意外なところで弾いているなぁ~といった感じですが、いつも通りの浮遊感あふれるギターなのでちょっと安心しました(笑)。

> ところで、Jazz(Not Jazz)と言うカテゴリーはWas(Not Was)からいただいたんですか?
…へい、その通りで。
ジャズというよりはジャズっぽい音しか聴いていないので、さすがに「Jazz」というカテゴリーにするにはあれかな?と思いまして。。。滝汗。
発作的なのですが、元ネタはWas(Not Was)なのですが、Fad GadgetのGag(Not Gag)にも触発されています。

> そう言えばプロフィールも増殖してますねえ。芸人のあたりが妙に気になります(^_^;)
…これもまた発作的に思いついたままです。
芸人さんは吉本以外のそれもマイナーな人たちばかりを応援しています(笑)。
共通点は自虐系の芸人さんというところでしょうか(笑)。
2009/03/29 16:43  | URL | 片桐真央 #-[ 編集] |  ▲ top

- -

>ECMを代表するアーティストと呼んでも差し支えないと思われる(自信なし)、

あると思います、じゃなかった、差し支えないと思います(笑。というか、他にはジョー・ロバーノとかジョン・サーマンくらいしか思いつかないですしねえ。エバーハルト・ウェーバーもECMを代表するベーシストですし、結構狭いECM人脈の中にビルが入ってきてる感じですね。

ところで、Jazz(Not Jazz)と言うカテゴリーはWas(Not Was)からいただいたんですか?

そう言えばプロフィールも増殖してますねえ。芸人のあたりが妙に気になります(^_^;)

2009/03/29 10:20  | URL | ゆうけい #PrUf/QBU[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://mao4735.blog85.fc2.com/tb.php/633-b6395642
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。