2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
品行方正児童会 53
- 2009/03/17(Tue) -
P3020016.jpg


昨日の記事のコメント欄でご指摘があったように、先日福島県桑折町で開かれていた「お雛さまめぐり」を楽しんできた片桐と言います。
画像は旧家蔵の享保雛。
ちょっと大きさがわかりにくいと思いますが、このお内裏様高さが50cm近くもある大きなものです。
それと特徴的なのは足が見えていること。
来歴などは不明ですが、明治時代初期に所蔵者の方の祖父が、ある大名家から売りに出されたという触れ込みで横浜で購入されたものだそうです。
その大名家云々の真偽は定かではありませんが、その言い伝えを信ずるに足るほど立派な品であるのは間違いありません。




スポンサーサイト
この記事のURL | 品行方正児童会 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<品行方正児童会 54 滝マニア通信 | メイン | 瑣末的日常電視台 139 どうでもいい写真をわざわざ撮ってみる>>
コメント
- -

>Tommyちゃん
…一緒に入っていたと思われる家具類も結構立派だったよ。やはりかなり当時としても値が張ったものかと。。。

…民具は見ているだけでも面白いよね。
でも、大抵仕事でかかわってしまうから、もっとゆっくりと味わいたいというのが本音ですね~~。
2009/03/19 00:17  | URL | 片桐真央 #-[ 編集] |  ▲ top

- -

良いですね。貴重な写真です。

横の家具とかも気になります。

なんか、こゆ時代の生活用品が妙に
気になって、博物館では、そればかり見てますよ。(笑)
2009/03/18 08:28  | URL | Tommy #FhYyxA6I[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://mao4735.blog85.fc2.com/tb.php/626-b2739ca1
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。