2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
不条理音盤委員会 603 Maddy Prior and June Tabor 「Silly Sisters」
- 2009/02/06(Fri) -
51cF-QWAitL__SS500_.jpg

STEELEYE SPANの歌姫Maddy Priorさんと、当時無名の新人でこの作品をきっかけにブリティッシュ・トラッドを代表する歌い手となったJune Taborさんという二人の1978年の歴史的なデュオの1stアルバムです。伸びやかな高音を聴かせるMaddyさんとアルトの深い味わいを持つJuneさんという対照的な個性をもつ歌声の持ち主がMartin Carthy、Danny Thompson、Nic Jones、Andy Irvineといったブリティッシュ/アイリッシュの名手と共に作り上げたこのアルバムはまさにトラッドという共通基盤のもとでの高いテンションと緊張感そのままにじっくり練り上げた素晴らしい作品になっています。
メロディオンとバンジョー、フィドルの演奏も軽やかな「Doffin' Mistress」、二人の息がぴったりと合った無伴奏の「Burning Of Auchindoon」「Four Loom Weaver」、パイプの響きも鮮やかな色どりを添える「Lass Of Loch Royal」、素朴で可愛らしいいメロディーの「The Seven Joys Of Mary」、エロチックな歌詞をサラリと歌う「My Husband's Got No Courage In Him」「The Game Of Cards」、Martin Carthyの叩くドラムも楽しげなリズムを刻む「Singing The Travels」、ジャコバイト運動に題材を得たというトラッド曲に後半は長い舞曲風の演奏が付された「Silver Whistle」、作者のCyril Tawneyの経験を反映したらしい英国海軍の船乗りの心境を歌っている「The Grey Funnel Line」、バラッド形式の「Geordie」、ウエールズのトラッド「The Seven Wonders」、冒頭にMartin Carthyの掛け声も入ったジグ風の「Dame Durdan」まで、二人の声の美しさは勿論のこと、バックを務める名手たちの演奏も含めてトラッド独特の世界を存分に味わえる、まさに魅力に満ちた全く色褪せない名作と言えましょう。これ以降ブリティッシュのアーティストはブリティッシュ・トラッドだけ、アイリッシュはアイリッシュだけを演奏するという風に局地化してしまうという意味では、トラッド黄金期の最後に輝いた宝石のようなアルバムのなのかもしれません。余談ですが、このアルバムでも聴かれる倍音で競い合うように歌う二人をアーチー・フィッシャーは「まるで犬のようだ」と評したそうです。Maddy Priorさんはそれを褒め言葉と受け取っているようですが。。。。
この二人は1988歳には「No More To The Dance」というアルバムを制作していますが、Maddy PriorさんとJune Taborさんの志向の違いがはっきりとしたらしく、これ以降二人が共演することはなくなりました。しかし、2008年のMaddy PriorさんのライブにJune Taborさんがゲストで招かれて「Four Loom Weaver」を歌いました。
その時の映像はyoutubeでどうぞ(埋め込み不可だったので別窓で開きます)。
http://www.youtube.com/watch?v=DakcxsncHfs&feature=related

試聴音源はこちらから。
http://www.amazon.com/Silly-Sisters-Maddy-Prior-Tabor/dp/B000000E76




スポンサーサイト
この記事のURL | Tradional | CM(6) | TB(0) | ▲ top
<<不条理音盤委員会 604 Shoc Corridor「Train of Events」 | メイン | 品行方正児童会 51 滝マニア通信>>
コメント
- -

>ころんさん
…お手数かけて恐縮です。
ゆうけいさんにはこちらからもころんさんと同趣旨の内容のメールを送っておきましまた。よろしくお願いします。
2009/02/07 11:36  | URL | 片桐真央 #-[ 編集] |  ▲ top

- -

>ゆうけいさん
初めまして!
このブツのLPですが、聞けない私が持っていても意味が無いので、大事にして下さる方の所へ行った方が良いかと思います。その方がLPも成仏できるかと。

しかし保存状態については人それぞれの判断基準がありますから、私から見れば良好かとは思いますけれども、ゆうけいさんのお眼鏡に適うかどうかは何とも言いようがありません…。

とりあえずは私のブログのURLを貼り付けておきますので、コメントを「管理者にだけ表示を許可する」の形でメルアドをお教えいただけますでしょうか?
2009/02/07 10:09  | URL | ころん #-[ 編集] |  ▲ top

- Re: タイトルなし -

>ゆうけいさん
> 30年と言う歳月を感じる動画ですね~、でも二人のハーモニーはやっぱり素晴らしい。それにしてもジャコバイト運動ですか、高校の世界史以来聞いた事がなかったんで思わずWikiで調べてしまいました(笑。
…例の記事(笑)でMaddy Priorさんの姿を久しぶりに拝んだので、このアルバム選んでみました。June Taborさんはあまり変わっていないような気がしますが、Maddyさんは変わりましたね。
下のコメントでころんさんが言っているとおり、昔固かった歌い回しもずいぶん柔らかくなったような印象があります。声のトーンもかなり低くなりましたよね。

…ジャコバイト運動は自分もついつい調べてしまいましたよ。
根が東洋史なもので、西洋史に疎い自分に思わず苦笑してしまいました。
2009/02/06 21:33  | URL | 片桐真央 #-[ 編集] |  ▲ top

- Re: タイトルなし -

>ころんさん
> このブツ、持ってます。ジャケが怖すぎます。バケモノ二人が躍動しています。きしょいです。しかもLPで持ってます。バケモノがデカいです。恐怖倍増です。でも今はアナログ・プレーヤーが無いので聞けません。
…確かにこのジャケット怖いです。特にJune Taborさん。この頃は髪が長かったんですよね。

> ジューン・テイバーが好きで学生の頃に買ったブツですが、マディ・プライアーの硬い歌声が苦手なわっちには、イマイチ好きになれないブツなのでやんす。
…今はJune Taborさんも好きな一人に入ったのですが、この「Silly Sisters」はやはり抵抗がありましたね。Maddy Priorさんの方はSteeleye SpanとかMike Oldfieldのライブとかで耳馴染みがあったので、何とも思いませんが、やはりトラッドが本職でないので節回しとかは硬いですよね。
2009/02/06 21:28  | URL | 片桐真央 #-[ 編集] |  ▲ top

- -

30年と言う歳月を感じる動画ですね~、でも二人のハーモニーはやっぱり素晴らしい。それにしてもジャコバイト運動ですか、高校の世界史以来聞いた事がなかったんで思わずWikiで調べてしまいました(笑。

ころんさん、はじめまして、横レス失礼します。

>今はアナログ・プレーヤーが無いので聞けません。

アナログ集めが趣味のオーオタ(オーディオおたく)です。もし保存状態が良好でかつ手放しても良いと思っておられるのなら適価で買い取りたいです。

片桐様は私のメルアドをご存知なのでよろしければ片桐様にお問い合わせください。
2009/02/06 21:07  | URL | ゆうけい #PrUf/QBU[ 編集] |  ▲ top

- -

このブツ、持ってます。ジャケが怖すぎます。バケモノ二人が躍動しています。きしょいです。しかもLPで持ってます。バケモノがデカいです。恐怖倍増です。でも今はアナログ・プレーヤーが無いので聞けません。

ジューン・テイバーが好きで学生の頃に買ったブツですが、マディ・プライアーの硬い歌声が苦手なわっちには、イマイチ好きになれないブツなのでやんす。

以上、どうでもいいコメント、失礼致しました~!
2009/02/06 12:38  | URL | ころん #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://mao4735.blog85.fc2.com/tb.php/598-12e4f45f
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。