2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
流行歌曲再生舞踊団 178 Days Of Sorrow 「Wild World」
- 2008/12/08(Mon) -
それにしてもようつべさんのお陰でいろいろとマニアックな音源がウプできて喜ばしいと思っているのでありますが、きっとこのDays Of Sorrowなんてきっと誰も知らないだろうなぁ~、とひそかに自己満足に浸っています。
と、いうか片桐自身もよく知らないこのバンド、goglemanさんのところでやっていたSicessionとかSection 25といったNW+ゴス方面というか、初期~中期New Orderの流れを汲んでいる陰鬱ヴォイス+哀愁シンセ+キラキラ・ギターといった組み合わせのドイツ出身の4人組。リリースはRough Trade Germanyから。
これ以前に1枚と、この曲が収録されている「A Thousand Face」という12“、それにこの「Wild World」単体でのリリースが知られている程度。何故片桐が持っているのかさえ不明な1986年のリリース。


スポンサーサイト
この記事のURL | 流行歌曲再生舞踊団 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<流行歌曲再生舞踊団 179 A Drop in The Gray  「Heartache Feeds Heartache」 | メイン | 流行歌曲再生舞踊団 177 Alphaville 「Big In Japan」>>
コメント
- -

>goglemanさん
…いやぁ~、そちらでBlue ZooやSecessionレベルまで掘り下げられると、片桐としても打つ手はここまでディープにしないと追いつけません(笑)。
この手はやはりNew Orderでしょうかね。
パクリといってもいいようなシンセの使い方ですよね!

>とうとうようつべさんにも止め画PVしか出てこないところを
…ウプしてくれたユーザーさんに感謝です。
何しろ彼らの音が聴けるサイトなんて皆無に等しいです。ファイル共有サイトは危険ですしね(爆)。
2008/12/10 11:09  | URL | 片桐真央 #-[ 編集] |  ▲ top

- -

名前を挙げていただき光栄です。
これも結構ツボな曲です。チープですよね、この手のチープな打ち込みサウンドはやっぱりNOの影響大のなのでしょうね。+ゴスボーカルと来るとシスターズオブマーシーも連想です。彼らもここら辺には影響与えてますよね。
それにしても、とうとうようつべさんにも止め画PVしか出てこないところを見ると、いっそうディープということですね(笑)
2008/12/10 00:17  | URL | gogleman #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://mao4735.blog85.fc2.com/tb.php/551-95833707
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。