2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
流行歌曲再生舞踊団 177 Alphaville 「Big In Japan」
- 2008/12/06(Sat) -
Alphavilleと言っても、某名作映画ともMonochrome Setの名曲とも関連がなく、Big In Japanと言ってもクラブ・エリックス人脈とは接点すらないドイツ出身のMarian Gold (vocals)、 Bernhard Lloyd (keyboards)、 Frank Mertens (keyboards)という3人組のテクノ・ポップ系ユニットの84年の出世作ですね。某誌ではジャーマン・ニュー・ウェイヴの新星とか絶賛されていて、WEAから鳴りものいりで国内盤までリリースされた割には普通のフォークみたいなメロディーを薄っぺらなシンセ音で奏でているような感であっという間に忘れ去られてしまった感がありますが、実は密かに現役です(笑)。リミックスをZeus.B.Heldが担当しているからといって過度な期待は禁物!
オリエンタルを意識した音とPVはまさに当時のミュージシャンの日本での高待遇を不況と失業に喘いでいた旧西ドイツから羨望の眼差しで眺めていたというタイトル通りのもの。
Deep 80年代というか隙間音楽探訪に近いものがありますがな。。。。。


スポンサーサイト
この記事のURL | 流行歌曲再生舞踊団 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<流行歌曲再生舞踊団 178 Days Of Sorrow 「Wild World」 | メイン | 流行歌曲再生舞踊団 176 Two People 「Rescue Me」>>
コメント
- -

>パイクマンさん、お元気そうで何よりです。
…不気味なのはドイツ人ということで勘弁してやって下さい(笑)。
リズム・シンセは確かにデカいですが、これは多分投稿された方の元音源がモノラルなのを、無理にステレオ変換させたからではないかと。。。。

>日本のなにを唄っているんでしょうね(^^;)
…タイトル通り、こんな国からおさらばして、日本で大物になってやるという壮大な野望を込めた歌です。勿論、その夢はかなわなかったようですが。。。。
2008/12/08 11:50  | URL | 片桐真央 #-[ 編集] |  ▲ top

- -

>goglemanさん
…仰るとおりの鉄板系のメロにPVですね。
アルバム全体でも何もこだわりを見せない方々のようで、これ、普通にロック・サウンドだったら誰も見向きもしなかった可能性があります。たまたまシンセ2人がいて、こんな音になったおかげでデビューしたようです。
12"はZeus.B.Heldが手掛けていますが、やっつけ仕事っぽく面白さのかけらもないっす。
2008/12/08 11:39  | URL | 片桐真央 #-[ 編集] |  ▲ top

- -

こ、これは…聴いたことありますね…

たしかにモロにエレポップ。あまり興味ない人でもエレポップといえばこういうのを連想するんではないでしょうか。PVも期待を裏切らない出来です!
Zeus.B.Heldなども絡んでたんですかー勉強になります。要チェックですね。
しかしBig In Japanといえば例の方ですよね。
2008/12/07 23:21  | URL | gogleman #-[ 編集] |  ▲ top

- -

こんばんは。
大変ご無沙汰してすみません。

なんでしょう、これは!
VoのMarian Goldさんはちょっと
口元が気持ち悪いし、
なんか違和感あるなと思ったのは
リズムシンセの音が大きいな、と。
いったい
日本のなにを唄っているんでしょうね(^^;)
これはやっぱり隙間音楽探訪です!!!
2008/12/07 21:58  | URL | パイクマン #46H//4Ck[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://mao4735.blog85.fc2.com/tb.php/550-3230f85b
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。