2018 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2018 08
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
不条理音盤委員会 579 P.D 「Inweglos」
- 2008/06/24(Tue) -
その人がアール・グレイではなく、アイリッシュ・ブレックファーストを注文するときは決まって機嫌が悪い日だった。
しかも、濃いめに淹れたミルクティーというのだから最悪だ。
もっとも不機嫌の理由は些細なもので、せいぜい長い髪が湿気でまとわりつくとかお気に入りのベルベットのリボンの結び目の形がうまくいかないといった程度なので、こっちとしては彼女の気が和らぐまでひたすら待つしかなかった。
彼女の細くて柔らかくて長い髪も好きだったので、邪魔だったら切れば?とは言えなかった。その一言で即座に席を立って美容院でバッサリ切るのが目に見えていたからだ。

R-139580-1193332714.jpg


と、いうわけでRalf Wehowskyが結成したジャーマン・エクペリメンタル最初期のバンドP.Dの1980年の伝説的な1stアルバム「Inwegols」。後にP16D4へと発展していくこのユニットの作品はドイツで最初のカセット・レーベルの一つWAHRNEMUNGEN(これまたP16D4と共にSELEKTIONへ拡大)からリリースされたのだが、多分持っているLPは再発盤か盤起こしのブートレグだと思う。ただ近年再発されたCDと聴き比べても音像そのものにはさほど変わりはない。もともと極めてチープな音だからである。全編を通じて明確なメロディーのようなものは存在せず、電子ノイズとテープ・コラージュが駆使された実験的なフリー・ミュージックが展開されている。意味もなく律動を刻むリズム・ボックスに合わせて様々な音が左右に飛び散っていくだけなのだが、それはアート感覚とブラック・ユーモアの視点を兼ね備えた極めてシニカルな目線がある。P.Dというユニット名は「Progressive Disco」の略語らしいが当然のごとく踊れるわけもなく、アヴァンギャルドに満ちた音の中から弛緩しきったヴォイスが挿入され、非現実音がその緩んだ空気を引き締めるべき鳴らされるだけである。それでも、まだこの頃のRalf Wehowskyは音楽を構築しようと試みている。様々な断片を苦労してつなぎ合わせたそれらの音は一聴するとミュージック・コンクレートの追随にも思えてくるのだが、アンチテーゼを主張するまでにはいかなかったようである。これ以降、彼は他人の音楽を一度ズタズタにして再構成するといったいわゆるエクスチェンジド・ミュージックへと進化していくことになるのだが、その過程となったユニットP16D4についてはまた別の機会に述べようかと思う。
スポンサーサイト
この記事のURL | Experimental/Avangarde | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<不条理音盤委員会 580 Seka Aleksić  「Kraljica」 | メイン | 瑣末的日常電視台 87 島耕作。。。>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://mao4735.blog85.fc2.com/tb.php/460-f5db283b
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。