2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
不条理音盤委員会 569 Jascha Heifetz plays Hora Staccato
- 2008/05/20(Tue) -
かの名匠Jascha Heifetzが「これまで聞いたことのある中で最も偉大なヴァイオリニスト」と言ったというルーマニアのロマ系の作曲家兼ヴァイオリニストのGrigoraş Dinicu(1889~1949)の「Hora Staccato」。元々はルーマニアの民俗舞曲であったものを基本にディニクがアレンジして演奏ていたものを、さらにハイフェッツ自身が弾きやすいように編曲したとのこと。この映像でも見られるとおり超絶技巧の「ワンボウ・スタッカート」が要求されるこの小品、多い時では32の音を一弓で弾いているのだが、それでもハイフェッツは苦労して弾いていたというエピソードが残っているので、と、なると作曲者であるディニク自身の演奏はこれ以上すさまじいということになる。
オーケストラ用に編曲されたり、ギドン・クレーメルの録音もあったりするのだが、やはり、この曲の演奏はハイフェッツに勝るものはないような気がする。上品さが彼の演奏には感じられるのである。

>


スポンサーサイト
この記事のURL | Classic | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<不条理音盤委員会 570 Boris Berezovsky plays Islamey | メイン | 不条理音盤委員会 568 アインシュタイン交点で元カノに会ってしまった時に相応しい音楽>>
コメント
- -

>パイクマンさん
>最近クラシカルなのを書いておりますね(^^)
・・・最近クラシックの名曲、それも小品ばかり聴いているんです。
ちょっと失恋したもので(大嘘)。

>ワンボウ・スタッカートとはなんだろ??
・・・ヴァイオリンで普通細かい音を弾くには、一つ一つの音ごとに弓を小刻みに往復させますが、ワンボウのスタッカートでは弓を同じ方向に動かしながら一つ一つの音ごとに小刻みに切ることで断続的に動くようにする奏法のことのようです。

>曲自体も当時のコミカルな無声映画なんかのBGMのような編曲で>とても楽し気ですね♪
>ルーマニアの若い綺麗な姉ちゃん(もとい、娘さん)がロングの民>族衣装を着て 踊っていたのかなぁ。
・・・楽しい曲ですよね。ホラというのはルーマニアの民俗舞曲なので、きっとパイクマンさんが連想している通りだと思います。この辺の民俗衣装はお洒落なパイクマンさんにお似合いかと。。。。。
2008/05/21 23:50  | URL | 片桐真央 #-[ 編集] |  ▲ top

- -

こんばんは。
最近クラシカルなのを書いておりますね(^^)
16分音符もとても柔らかいのに、とっても軽快なヴァイオリンだと思いました。
ワンボウ・スタッカートとはなんだろ???
(初めて聞きました^^;)
曲自体も当時のコミカルな無声映画なんかのBGMのような編曲でとても楽し気ですね♪
ルーマニアの若い綺麗な姉ちゃん(もとい、娘さん)がロングの民族衣装を着て
踊っていたのかなぁ。
しかし、ヴァイオリンは腕が疲れて大変そう!
2008/05/21 01:15  | URL | パイクマン #46H//4Ck[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://mao4735.blog85.fc2.com/tb.php/436-2ed64ec1
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。