2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
不条理音盤委員会 435 Вирус 「Бум-Бум-Бум」、
- 2006/11/01(Wed) -
中日ドラゴンズと綺麗なお姉さんを愛すること天下に比類するものなしといったキングあおぽんさんのBlogで時々寿がきや食品さんのことが話題になるときがあります。愛知県が世界に誇る麺類を中心とした加工食品メーカーの寿がきやさんなのですが、片桐の住む宮城県に営業所があることから、実は子供の頃から天ぷらうどんや冷やし中華にはお世話になっています。最近お気に入りなのは名古屋発祥の台湾ラーメン。以前も取り上げましたがカップめんでも袋麺でも変わらない刺激的な辛さがベースの醤油味のスープは旨み・コク共に言うことなしの逸品だと思います。

36555.jpg

というわけでロシアのアイドル系(というにはちょっと老けて見えますが・・汗)歌手Вирус(Virus)さんの3枚目?のアルバムを思わず某店で衝動買いしてしまったわけです。Water入っているジャケットから連想される如く典型的なダンス・ポップアルバムなのですが、ちょっと一昔っぽい感じのアレンジがメインのシンプルなメロディー・ラインはわりと聴きやすいのではないかと思います。今となってはユーロ・ビートやサイバーがかったハード・トランス風の音はメインストリームの人だとちょっと引き気味になったりするのですが、辺境地区のアーティストになると素直に聴けるのはやはり隙間音楽探検隊の面目躍如なところでしょう(滝汗)。テクノ・ポップ風歌謡の「Фиолетовый Змей」、センチメンタルな歌メロの「Новый Год」、ハード・トランス風の「Бум-Бум-Бум」、ゲスト男性のラップとアコーディオンをフューチャーした(ちょっとエスノ風)の「Не Грусти」、どこかで聴いたことのあるような歌メロの「Тебя Не Надо Больше Мне」、チープなトランス風の「Дважды Два Четыре」、こういうアルバムに必ず入っている(笑)、メロウ系バラードの「Ухожу」、ロシア風のメロディーをキーボードが奏でる(あれっぽいんですよ!)の「Первая Любовь」、冒頭でスクラッチ風の音も聴かれるトランス・ナンバーの「Не Твоя」、発信音のようなキーボードが耳に残る「Сделай Меня Взрослой」まで、いかにもロシアン・ディスコといった感じのアゲアゲな曲が続くのですが、安っぽいプロダクションのせいでこの人結構損しているような気もしますね。

試聴音源はこちらから
http://fun.li.ru/album/4613/Bum-bum-bum
スポンサーサイト
この記事のURL | Female Artsits | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<不条理音盤委員会 436 Wir sind Helden 「Die Reklamation」 | メイン | 虚言妄言推進遊撃隊 31 彼女できました! Part 2>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://mao4735.blog85.fc2.com/tb.php/415-303cd737
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。