2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
流行歌曲再生舞踊団 383 Eternal Triangle 「Nothing But A Friend」
- 2011/06/29(Wed) -


Eternal Triangleは80年代初頭にいち早くレゲエやアフリカン・ポップの要素を取り入れた先鋭的なNWバンドFischer – Zのキーボード奏者だったSteve Skolnik氏が結成したバンドなのですが、どちらかといえば美声ヴォーカリストNicola HitchcockさんがMandalay加入前に在籍していたバンドと言った方が通じやすいのかもしれません。
1984年にこの曲ともう一枚のシングル、そしてアルバム「Touch And Let Go」をSituation Twoからリリースしていて、アルバムは国内盤も出ていました。アルバムの帯には「未知なるサイケデリック・ワールドの入り口」というコピーが付けられていますが、サイケという感覚はあまり感じられないソフトで透明感あふれるエレクトロニクス・ダンス・ポップといった印象の方が強いです。
この「Nothing But A Friend」もちょっとエッジを利かせたギターワークとミニマル・フレーズを奏でるシンセの間で朴訥に歌われるものですが、さすがに合間でのコーラスのNicola Hitchcockさんの声の美しさには心を打たれてしまいます。
おそらくEternal Triangleはアルバム・リリース後には時を経ずして自然消滅したらしく、Steve Skolnik氏は87年のFischer - Z再起動の際に多少キーボードで参加したりしていますが、現在は音楽業界から足を洗って家具作成の分野で有名な方になっております(笑)。
Nicolaさんの大活躍ぶりはもはやここで言及するほどでもありませんね。。。。。

スポンサーサイト
この記事のURL | 流行歌曲再生舞踊団 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<流行歌曲再生舞踊団 384 Dollar  「Give Me Back My Heart」 | メイン | 流行歌曲再生舞踊団 382 Midge Ure 「If I was」>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://mao4735.blog85.fc2.com/tb.php/1601-96403868
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。