2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
流行歌曲再生舞踊団 378 Ozric Tentacles 「Kick Muck」
- 2011/06/28(Tue) -


ギター・ポップとしてのネオサイケではなく、トリップ・ミュージックとしてのサイケデリックといえば、GongやHawkwindといったプログレ方面の有名どころが出てくるわけですが、このOzric TentaclesはSteve Hillage在籍時のGongを崇拝しているEd Wynneをメインとしたバンドで、1983年の結成以来高速Gongと揶揄されるようにやたらエコー、リバーブを利かせたギターやシンセがスケール練習のようなフレーズを延々繰り返すといったスペイシーでトランシーなサウンドで現在も根強い人気を誇っています(もちろん現役です)。
テクノやフュージョンの引用とエスニックな要素といったサイケデリックな文脈が巧みに融合された彼らの世界は90年代サイケの新しい形と評価されますが、曲個別の印象があまり残らないのが困りもの。とはいうものの、ただ聴いているだけで天上界にも昇らんばかりの恍惚感はまさにドライブに最適でしょう。
この「Kick Muck」は1989年リリースの彼らにとっては公式の1stアルバム(それ以前にカセット作品があります)「Pungent Effulgent」に収録の曲で彼らのライブでは必ずしもと言ってよいほど演奏されるナンバーです。
中近東風のメロがコードを変えつつこれでもかと繰り返されるさまはまさに極楽への一歩手前でしょう。。。。

スポンサーサイト
この記事のURL | 流行歌曲再生舞踊団 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<流行歌曲再生舞踊団 379 The Beautiful South 「Good As Gold」 | メイン | 流行歌曲再生舞踊団 377 POÉSIE NOIRE  「A Night Like This」>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://mao4735.blog85.fc2.com/tb.php/1595-b1a9decf
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。