2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
流行歌曲再生舞踊団 373 Nicola Conte  「Missione a Bombay」
- 2011/06/26(Sun) -


前にも言ったかも知りませんが、最近の小説は予定調和に終わるものが多いような気がします。
最初からある程度の売れ行きを予想して編集者が作家に誘導させているのかもしれませんが、どこか中途半端でデジャヴ的な印象を抱くベストセラー本が多いような気がします。
無論、それは音楽でも似たようなものですが。。。。
と、いうわけで「茶髪のJKとカレー屋に入った時に流れているかもしれないEthno Pop」の第6回目はちょっと気分を変えてNu Jazzなんぞを。。。。
Nu Jazzといっても本来のジャズとは別種のものでラテン・パーカッションを多用したり、リズム・トラックが打ち込みメインであったり、あるいはダンサンブルな面を強調したりと要はクラブ向けのもので、いわばラウンジから派生しながらもお洒落一番を目指しているスノッブなものと言えましょう。
Nicola ConteはこういったNu Jazzをメインにした音盤をリリースしている「Schema」レーベルのプロデューサであって、他にもDJだとか作曲家だとかギタリストだとか、複数の顔を持つイタリア人ですなのですが、この「Mission e Bombay」は1999年にリリースされた彼名義での1stアルバム「Jet Sounds」に収録されいるもので、シタールをメインにしたフレーズにビッグバンドのサンプリングがかぶるといった非常にクールなナンバーになっていて、インチキ臭さ満点のインド気分を感動的に味わえます。

スポンサーサイト
この記事のURL | 流行歌曲再生舞踊団 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<流行歌曲再生舞踊団 374 Snake Corps  「This Is A Seagull」 | メイン | 流行歌曲再生舞踊団 372 Hey Paulette 「I Really Do Love Penelope」>>
コメント
- Re: タイトルなし -

>goglemanさん、連投ありがとうございます。
> なるほど~なぜかこれに反応してしまいました(笑)
> このタイトルにこのエスニックムードな曲調とは、ある意味単純な気がしますが、気持ちはよいですね。
> シタールが入ったブレイクビーツ風曲という意味では、これは当方の連想が単純かもしれませんが、PウェラーのIndian Vibesの路線にクリソツな気がしますね。いずれにせよイイですね。
…片桐自身もそうなのですが、こういうインチキっぽいものには心魅かれる傾向があります。
本気でエスノに取り組んでいるのもいいのですが、コマーシャリズム丸出しでちょっとこんな音を使ってみましたという軽薄さがたまらなく好きなのです。
2011/06/27 11:28  | URL | Mao.Katagiri #-[ 編集] |  ▲ top

- -

なるほど~なぜかこれに反応してしまいました(笑)
このタイトルにこのエスニックムードな曲調とは、ある意味単純な気がしますが、気持ちはよいですね。
シタールが入ったブレイクビーツ風曲という意味では、これは当方の連想が単純かもしれませんが、PウェラーのIndian Vibesの路線にクリソツな気がしますね。いずれにせよイイですね。
2011/06/27 02:19  | URL | gogleman #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://mao4735.blog85.fc2.com/tb.php/1590-b2f1ee38
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。