2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
不条理音盤委員会 684 Chris Squire  「Fish Out of Water」
- 2011/05/20(Fri) -
FishOutofWater.jpg

「未知への飛翔」という邦題が付されたYesのベーシストChirs Squireが1975年に発表した唯一のソロ・アルバムです。「Relayer」をリリースした後にYesのメンバーは各々ソロ・ワークに取り組み始めるのですが、ChirsもまたBill Bruford (Dr、Per)、Mel Collins (Sax)、Jimmy Hastings (Flute) 、Patrick Moraz (Organ、Syn)、Barry Rose (Pipe organ) 、Andrew Pryce Jackman (Pf) といった面々と共にYes的なプログレを基盤としながらも、そこにブリティッシュ・ロックの伝統的な風味を添えた一癖も二癖もある音楽を作り上げました。
パイプ・オルガンとベースが炸裂する中で、妙にJohn Andersonに酷似したChirsのヴォーカルが聴かれるもろYes的なシンプルでストレートな(エンディング近くにはオーケストラも入りますが) 「Hold Out Your Hand」、ピアノをメインとした牧歌的なバラードに、ドリーミーなフルートが導きながらスキャットやブラス、そしてストリングスが次々とオーケストラルな色彩を付していく、ブリティッシュ・ロック(というよりはThe Beatles)的な「You By My Side」、Jimmy Hastingsによるさすがのフルート、オーボエによるジャズ風味をまとった夢想的なイントロ~、そこを突き破るように突如として乱入してくるテンション高めのアンサンブルが徐々にインタープレイ的にスリリングな中盤~沈黙の一瞬を経て再度転がるようなピアノをメインとした落ち着きのある演奏にストリングとややきつめのエッジのギターが絡み合いながらどんどん上昇していくような錯覚を覚える雄大な曲想の大作「Silently Falling」、Mel ColinsのサックスとPatrick Morazのエレ・ピを中心としたYESでは到底考えられないAOR風のメロウな感覚の「Luckey Seven」、オーケストラルなイントロからYES風のラメントぽいドライブ感あふれる展開になりながらも、何ゆえかThe Beatlesっぽい要素が混在する曲想が印象的な「Safe(Canon Song)」まで、Yesらしさを多分に残しながらも、そういった面とは異なったChirisの顔を垣間見れるようなアルバムになっています。
無論彼の弾きまくるベースを思う存分堪能できますし、やはり何といってもBill Brufordの引き締まったドラム・ワークを聴けるのは嬉しい限りです。このリズム隊はやはり最強ではないかとさえ思えてきますね(反論受け付けません)。
参加メンバーも含めて、ある意味での異種格闘技とも言えそうなこの一枚、「未知への飛翔」という邦題がピッタリだと思うのですが、さすがにこのアルバムでやっていることは本家YESでは実現できそうにもない部分が少なからずあって、どこか本家での欲求不満解消のためにやんちゃしたと感じるのは片桐だけでしょうかね(笑)。
とりあえず「Lucky Seven」だけ。。。。



スポンサーサイト
この記事のURL | Progressive Rock | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<不条理音盤委員会 685 Shakespears Sister 「Hormonally Yours」 | メイン | 虚言妄言推進遊撃隊 41 飯舘村にて。。。>>
コメント
- Re: タイトルなし -

>ゆうけいさん、コメントありがとうございます。

…たまには初心に帰ってプログレのアルバムなんぞを…と言っても、やはりこういった一癖あるような盤を取り上げるのがこのブログの特長であって(笑)。

今となってはすっかりアランのドラミングに聞き慣れてしまったわけですが、ビルさん脱退直後はどうも彼に合わせて弾きにくいみたいなことをクリスが言っていたと思います。
好き勝手なソロ・アルバムなのでここは敢えてビルブラを招いたのかもしれませんね。
Yesっぽいという面を抜きにしても、UKプログレの中では「いいもの」だと思います。

2011/05/21 20:40  | URL | Mao.Katagiri #-[ 編集] |  ▲ top

- -

  こりゃまた懐かしいアルバムですね。プログレオールスターズ(笑。邦題があってる気がしますが、原題は「陸にあがった魚」。。。クリスさん皮肉屋なんでしょうかね。時期的にはYesからビルブラが脱退した時期で不仲のはずだったんですがちゃんとビルブラが叩きまくってますね、まさしく最強のリズムセクションです。
2011/05/20 16:43  | URL | ゆうけい #PrUf/QBU[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://mao4735.blog85.fc2.com/tb.php/1563-adcf1333
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。