2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
不条理音盤委員会 680 Terri Nunn  「Moment Of Truth」
- 2011/02/06(Sun) -
R-416226-1221967678.jpg

お姐ちゃんシリーズの第2回目のテーマは、「傍目から見ればどうあがいても自暴自棄!」。
Terri NunnといえばBerlinのヴォーカリストというイメージが強い人なのですが、初期のBelinではVirginia Macolinoという人がヴォーカルだったりします。この辺の時系列はちょっとわからなかったのですが、1stシングルの「A Matter Of Time」をリリース直後に彼女は一度Belinを脱退し、女優の道を歩んだようでいくつかのテレビドラマに出演しているようです(スター・ウォーズのレイア姫のオーディションに落ちたというのは有名な話ですね)。その後1年ほどでバンドに戻ってきてメインヴォーカルをつとめて、「Masquerade」「Sex(I’m…)」といった名曲を次々にリリースしていったのはご承知の通りです。彼らが一大転機を迎えたのが86年の「TakeMy Breath Away」の全米1位と4枚目のアルバム「Count Three &Pray」の大ゴケ(全米62位でした。。。涙)で、それによってBerlinは空中分解するに至ってしまい、Terri Nunnはさっさとバンドを脱退してしまうのですが、その後いろいろなアーティストでのコラボを経て91年にリリースした1stソロアルバムがこの「Moment Of Truth」です。
タイトなリズムに乗ったポップン・ロールな「Confession Time」から始まり、ウィスパー・ヴォイスやブルース・ハーモニカも挿入される「Desire Me」、聴き覚えのあるようなアメリカン・ロック的な歌メロ&コーラスが耳に残る「Once Upon A Time」、ファンクっぽいリズムを使用してフリーキーなサックスや自由奔放なギターソロをもフューチャーした「Moment Of Truth」、The Heartのような仰々しいハード・ロック風のバラード「Let Me Be The One」「Go Ask The Lonely」、ラップ調のヴォーカルにも挑んだ「89 Lines」、爽やかなウエスト・コースト風サウンドの「Who's Gonna Take You Home Tonight」、エスニックなマリンバ風のシンセ音も使われたディープなファンク・ナンバー「Too Far To Fall」、一方でシンプルなリズムが心地よいライト・ファンク的な「Fly By Night」、Berlin時代を彷彿させるニューロマンティックス的な「Diane」まで、確かにBelin時代のNW~エレクトロ・ポップとは全く異なったハード・エッジなギターを前面に打ち出したサウンドとファンクに視線を向けたリズムの導入といった女性ヴォーカル・アルバムであると言えます。もちろんこの路線はプロデュースとアレンジを担当しているプリンス一派のDavid Zの入れ知恵なのかもしれませんが、国内盤のライナーでTerri Nunn自身が「Berlinでは表現できなかった内面を露わにした作品」と言うほど、個性的に富んでいるというわけでもありません。事実このアルバムはさほど評価されないままに埋もれてしまったわけですが、彼女がBerlinで発揮していたようなコケティッシュさといった強烈な個性がこのアルバムではあまり感じられないことがその原因でもあるような気がします。。。。
試聴音源がなかったのでyoutubeから「Let Me Be The One」を。。。。



スポンサーサイト
この記事のURL | Female Artsits | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<不条理音盤委員会 681 Dale Bozzio 「Riot In English」 | メイン | 不条理音盤委員会 679 Darling Buds  「Pop Said」 >>
コメント
- Re: こんばんは -

>OGYさん
> Terri Nunnと言えば、私的にはSisters Of Mercyのシングル「Under The Gun」が印象に残ってます。あれ?どっかで聞いたことある声…と思って見たらやっぱり彼女でした(笑)。
> Sistersも一時期、オフラ・ハザやマギー・ライリーといった名だたる女性ボーカリストをゲストに迎えて、重苦しくなりがちな曲に鮮やかな色を加味してましたね。
・・・Sister Of Mercyも初期のゴス一色だった路線が、Mission組が離反してからは迷走ばかりでしたね。
ご指摘のとおり、様々な女性Voを迎えて、かなりポップな方向に走りましたが、根が頑固者のA.Eldrichのことなので、セールス的にはパッとしませんでしたね(笑)。
昨今のゴス評価再燃ということで、何かゴソゴソやっているらしいのですが消息不明に近い状態です。


> こちらは気仙沼~唐桑の三陸縦貫道、一部開通しました。私が生きてるうちに全線開通なるのかな…(笑)
・・・三陸縦貫道が出来るとかなり便利なんでしょうね。
でも、個人的には気仙沼-陸前高田間のあのループした45号線も結構好きなんです。

> 先週まで流行性の胃炎を患い、酷い目に合いました~(>_<)
> 片桐さんも体調にお気をつけて
> o(^-^)o
・・・ありがとうございます。
幸か不幸か流行にはめちゃ疎いので、流行性の病気にはかからないのです(爆)。
どうもウイルスの方が避けてくれるらしいですwww。
2011/02/08 14:31  | URL | 片桐真央 #-[ 編集] |  ▲ top

- こんばんは -

Terri Nunnと言えば、私的にはSisters Of Mercyのシングル「Under The Gun」が印象に残ってます。あれ?どっかで聞いたことある声…と思って見たらやっぱり彼女でした(笑)。
Sistersも一時期、オフラ・ハザやマギー・ライリーといった名だたる女性ボーカリストをゲストに迎えて、重苦しくなりがちな曲に鮮やかな色を加味してましたね。


こちらは気仙沼~唐桑の三陸縦貫道、一部開通しました。私が生きてるうちに全線開通なるのかな…(笑)
先週まで流行性の胃炎を患い、酷い目に合いました~(>_<)
片桐さんも体調にお気をつけて
o(^-^)o
2011/02/08 02:39  | URL | OGY #SISTN8M2[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://mao4735.blog85.fc2.com/tb.php/1534-a384d46f
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。