2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
深夜徘徊支援事業団 69 なな色の空
- 2011/01/29(Sat) -
PC180019.jpg

PC180021.jpg

福島県相馬郡飯舘村字前田にあるカフェ&レストラン「なな色の空」さん。
平日は完全予約制のこのお店は、土曜日のみ「石窯天然酵母パンランチの日」(日曜日が定休)です。
主要な県道から看板を目印に山の中にちょっと走ると「国産材を使い、自分たちで手作りした、木のぬくもりがいっぱい」の建物があります。
入口にはアジアの織物や竹炭や焼きモノ、絵葉書といったがいっぱいのフェア・トレード・ショップがあり、その奥がキッチンになっています。ランチを注文すると「今、パンが焼き上がりますので、少々お待ちを」との一言。
厨房から漂ういい匂いとキッチン眼下の石窯の様子を眺めながら、空腹を我慢することしばし。
出てきたランチが↑です。
「マクロビオティックの考え方を基本とした穀物菜食」の食材の大半は敷地内の目の前に広がる農園での無農薬栽培とのこと。どれもが素材そのままの優しい味を生かした料理で、食材のそれぞれが決して自己主張することなくお互いを引きたてながら調和とハーモニーを奏でている、といった感のあるものでした。
もちろん、食というのものに相当こだわっていて、深い造詣もある料理を担当する村上克枝さんは、芯がしっかりとしている女性のようでてきぱきと料理を作る姿を見ているだけで、何となくこっちもハッとさせられる瞬間がありました。もっともそれを言葉ではなく、料理で語っているわけですが。。。。
窯から出たばっかりの、クルミ・レーズン・竹炭入りのパンはほんのり暖かく、表面の皮はパリっとしていますが中はふんわり&モチモチ。。。。嬉しいことにお代り自由です!
あっという間に食べ終えたとはたんぽぽコーヒー。普通のコーヒーとは異なって甘みがかなり感じられる飲みものです。
食事の間、村上さんはお客さんにいろいろ気を遣ってくれますし、ちょっとお話をうかがったところではかなり穏やかな方という印象もあります。そんな家庭的な気配りと美味しい料理が相互に作用しての身も心もポカポカするような空間。まるで夢のような錯覚さえ覚えるお店です。
また行きたくなること必至です。

公式HPはこちら
http://www.nanaironosora.sakura.ne.jp/
スポンサーサイト
この記事のURL | 深夜徘徊支援事業団 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<流行歌曲再生舞踊団 356 Arjopa & The Master U-like 「Dyngeldei」 | メイン | 瑣末的日常電視台 194 本日の「1000 Knives」>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://mao4735.blog85.fc2.com/tb.php/1528-d09c5d1a
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。