2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
流行歌曲再生舞踊団 318 Çynar Öwezowa 「Baksana」
- 2010/10/27(Wed) -


このÇynar Öwezowaさんもトルクメニスタンの方です。
ま、どうでもいいことですがトルクメン人というのはチュルキーな民族の中では今でも部族共同体意識が強い民族で、文化的にはチュルキーっぽさとイランぽさが半々と言われていますが、この「Baksana」を聴くかぎりではチュルク経由のギリシアっぽい感じがします。どこかで聴き覚えがあるようなメロディーなのでもしかするとカバー曲なのかもしれません。
この人もようつべにいくつかクリップがアップされていますがŞirin Pälwanowa先生同様のパチモン路線を歩んできたようで、こんな似非トランス・ポップ風の曲も歌っております。こちらはまるで場末のスナックのようないかがわしさ満点の雰囲気で、これだから中央アジア辺境ポップ追及はやめられないのです^^。



スポンサーサイト
この記事のURL | 流行歌曲再生舞踊団 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<流行歌曲再生舞踊団 319 Şirin Pälwanowa | メイン | 流行歌曲再生舞踊団 317 Gulayim Jorayewa 「Soyemok」>>
コメント
- Re: タイトルなし -

> パイクマン姫君
> Çynar Öwezowaさんの曲はイントロがジュリアナみたいで
> どうなるんだろうと思いました。
> 歌詞では「グラーングラーン」にグラーンときました。
…中央アジアや東欧の流行りもの系でも、ユーロトランス風の音が使われているのですが、不思議に流行の時点より3~4年くらい遅れて使われるんですよね。
もっともジュリアナはもっと前ですが(笑)。

> ズンタカタッタズンタカタッタのビートがイランぽいなぁと
> 思うのは、OMFO( OUR MAN FROM ODESSA)を聴いて
> 予備知識があったからだと思います。
> あらゆる意味ですごいですね!辺境音楽、、
> う~ん、片桐さんのところで探検します!!!
…このズンタカ系のリズムもこれまた辺境ものに多いのですが(笑)、聴いてわかるとおりこれは馬が走るリズムなんですよね(笑)。伝統的な音楽ほどこの傾向が強くなるのですが、流行りものでも頻繁に使われているのは民族の血が騒ぐからなのでしょう(ほんまかいな)。
気分次第で辺境ものはビシバシ取り上げますwww。
2010/10/30 22:19  | URL | 片桐真央 #-[ 編集] |  ▲ top

- -

こんばんは!
Çynar Öwezowaさんの曲はイントロがジュリアナみたいで
どうなるんだろうと思いました。
歌詞では「グラーングラーン」にグラーンときました。
ズンタカタッタズンタカタッタのビートがイランぽいなぁと
思うのは、OMFO( OUR MAN FROM ODESSA)を聴いて
予備知識があったからだと思います。
あらゆる意味ですごいですね!辺境音楽、、
う~ん、片桐さんのところで探検します!!!
2010/10/29 21:13  | URL | パイクマン #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://mao4735.blog85.fc2.com/tb.php/1464-07a8e1c0
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。