2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
不条理音盤委員会 669 The Wolfhounds 「Bright And Guilty」
- 2009/09/17(Thu) -
世の中で一番危険な菓子の筆頭として挙げられるのがブルボンの「ルマンド」であるということは万人が承知していることであろう。丁寧に焼きあげられた薄いココア・クリームのクレープ生地が幾重にも重ねられていて、その上品な甘みは多くの人を魅了するのであるが、その丁寧な作りこそが最大の危険を秘めている。この菓子を食した人は必ず経験しているであろうそれとは、すなわち袋を開ける際にこぼれやすいということである。細心の注意を払っていても微妙な力の入れ具合でハラハラと崩れてしまうのである。そして床やテーブルの上に花のようにクレープ生地が拡がっていってしまうのである。かくしてこのように危険でありながら人々の心をつかんで離さないブルボン・ルマンドは今日も店先で誰かを誘惑しているに違いない。

R-1486301-1223288025.jpg

という甚だ意味のない前ふりに続いて紹介するのはThe Wolfhoundsが1989年にリリースした2ndアルバムである。このグループはギター・ポップの名コンピ盤である「C-86」に収録されていながら、最も注目されていなかったバンドである。所属レーベルがMidnight Musicということ(初期はPink)もあって同レーベルに相応しいネオ・サイケ的な音を主体に、ジャングリーやアノラックとはやや一線を画したような硬質な音作りが時代的な流れとは相容れなかったのかわずか4年で解散してしまった。David Oliver(B)、Frank Stebbing(Dr)、Matt Deighton(G)、Andrew Golding(G、Key)、David Callahan(Vo、G、B)の5人が奏でる音はあまりにもストレート過ぎたのかもしれない。
シンプルなR&Rナンバー「Non-Specific Song」、The Cure初期を連想させるようなサイキックな「Charterhouse」、リバプール風サウンドの「Happy Shopper」、鳴りもの系の音も耳に残る「Useless Second Cousin」から勢いよくメドレー形式で突っ走る「Ex-Cable Street」、ちょっとノイジーなギターの音色も心地よい「Tomorrow Attacking」、シューゲイザーっぽい雰囲気の「Son Of Nothing」、トラッドぽい歌メロの「Ropeswing」、メロディックなネオ・サイケ・ナンバーの「Rent Act」、 マッドチェスター風のリズムに呟くようなヴォーカルがかぶる「Invisible People」、最後に相応しくギターが炸裂する「A Mess Of Paradise」まで一心不乱の全力疾走でネオ・サイケデリックなギター・サウンドを展開しているのである。やや単調な面もあるのだが、曲によって挿入される金属的なシンセやシンバル・ワークの妙が引きしめる役割を担っていて聴いていて決して飽きるものではない。歴史の中の一枚といったカテゴリーに留めておくにはちょっと惜しいような気もする一枚である。l
彼等の軌跡をたどったベスト・コンピ盤のタイトル「Lost But Happy」の自虐にはついつい哀しみを覚えてしまうのである。
試聴音源はこちらから
http://www.amazon.com/Bright-And-Guilty/dp/B000ZOSHOW/ref=dm_cd_album_lnk

スポンサーサイト
この記事のURL | Guitar Pop | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<不条理音盤委員会 670 The Brilliant Corners 「Hooked」 | メイン | 不条理音盤委員会 668 Zerra One 「Zerra One」>>
コメント
- Re: タイトルなし -

>goglemanさん
> ブルボンの「ルマンド」はバター臭がいまいち得意でないのですが、危険な菓子というのには同意です(笑)
…同意していただきありがとうございます。
危険度はポテトチップスよりも上だと思いますww。

> このバンドは少し前安かったので買いましたが、内容が地味過ぎて何処かへ行ってしまいました(笑)探します。
> このMidnight Musicからの2枚目もざっと聞き良いですね。これも探します。
…そうなんですよ、一言で言えば地味なバンドなんです。
それなりに凝った音作りもしているとは思うのですが、やはり華やかに欠けていたんでしょうね。
と、相変わらずの80年代隙間発掘にいそしみます。。。。
2009/09/21 17:43  | URL | 片桐真央 #-[ 編集] |  ▲ top

- -

ブルボンの「ルマンド」はバター臭がいまいち得意でないのですが、危険な菓子というのには同意です(笑)

このバンドは少し前安かったので買いましたが、内容が地味過ぎて何処かへ行ってしまいました(笑)探します。
このMidnight Musicからの2枚目もざっと聞き良いですね。これも探します。
2009/09/20 21:49  | URL | gogleman #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://mao4735.blog85.fc2.com/tb.php/1324-5c505994
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。