2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
不条理音盤委員会 664 Ara Dinkjian 「Peace On Earth」
- 2009/09/08(Tue) -
先日某所で開催された地場産品フェアで「中には何杯もお代わりしている人も」というキャプションでまぬけ面を天下に曝してしまった片桐と言います。
無料の鍋振る舞いだったとはいえ、そんなにお客さんもいなかったし、何より美味しいからお代わりしているのにさぁ~~(涙)。
それに「何杯も」とか言われるけどあれは2杯目……(-。-) ボソッ。

51tc45YULLL__SL500_AA280_.jpg

と、いうわけでアメリカ系アルメニア人のAra Dinkjianさんの昨年出たライブ・アルバム。彼といえばもちろんエスノ・ジャズ・ユニットNight Arkのメンバーであり、Eleftheria Alvanitaki姐も歌った名曲「Dynata Dynata」の作曲者でもあることで知られていますが(というか、未熟者の片桐はそれしか知らなかったりして…汗)、今回のこのアルバムではJerusalem Oud Festivalでのライブ音源のようでAra Dinkjianさんの弾くOudにギリシャ系のSokratis Sinopoullos(Kemanche)、チュルク系のTamer Pinarbasi(Kanun)、アラブ系のRimon Haddad(Bass)、ユダヤ系のZohar Fresco(Percussion)というインターナショナルなメンバーで、各地域のトラッドを彼独自の解釈を交えながら自由に演奏しています。どの曲でもそれぞれの楽器の音色を存分に生かした美しく華麗なアンサンブルが披露されていて、それぞれのフレーズに寄り添うように一つの曲を紡ぎ上げていく様は、各奏者が持っている超絶的なテクニックにあるのは言うまでもないのですが、お互い同士をリスペクトしあった結果の産物でもあろうと思います。そして、それはこのライブのメンバーそのものが多国籍であって、またタイトルから容易に推測されるとおり平和を祈念しての演奏であり、声高にメッセージを掲げるのではなく、まさに自分の出来ることを通して地道に平和を訴えていくという方針に帰結していくものなのだと思います。まさに「異文化への理解」というタームをそのまま表現したアルバムではないでしょうか?

で、やっぱAra Dinkjianさんといえば「Dynata Dynata」でしょう。。。。



試聴音源はこちらから
http://cdbaby.com/cd/aradinkjian2

スポンサーサイト
この記事のURL | Tradional | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<不条理音盤委員会 665 Diana Haddad 「Min Diana Ela」 | メイン | 不条理音盤委員会 663 Antonio Sangiuliano 「Take Off」>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://mao4735.blog85.fc2.com/tb.php/1320-35a346b5
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。