2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
不条理音盤委員会 655 Kissing the Pink  「Certain Things Are Likely」
- 2009/08/08(Sat) -
cac4828fd7a05d7f70b01110_L__AA240_.jpg

グラスゴー出身でカルト的な人気を誇っていたKissing The Pinkの1986年の3枚目。「碧い瞳」というタイトルで国内盤も出ました。初期の頃はMartin Hannett師匠のプロデュースということもあって独特の憂鬱感も魅力の一つだったのですが、メンバー変更&KTPとグループ名を略して発表したこのアルバムではプロデュースにSteve Walsh、ミックスにPWLのPhil Hardingを迎えてのユーロビート系リズム・シーケンスを駆使したダンス大会へとシフトしていて、今までの独自の世界観みたいなものを全て投げ捨てた売れ線狙いになってしまいました。
一発目にソウルフルな女性コーラスを配したミディアム・テンポの「One Step」を持ってくるという荒技から始まり、メロウでソウルっぽい「Never Too Late To Love You」、ゴスが入ったヴォーカルとユーロ・ビートの組み合わせという「Certain Things Are Likely」、ハイ・エナジー的な「Dream,Dream」、ファンキーな「No-One's On The Same Side」、イントロ&サビでバグパイプが大活躍する「Can You Hear Me」、中華風のシンセ・メロを使った=Wang Chang風の「Jones」、インド風のパーカッションを使ったエスノ・テクノの「Identity Card」、大仰なシンセ使いの「One Day」、やはりファンクっぽい「I Won't Wait」まで殆どUKらしさを感じせない派手なダンス・サウンドを聴かせてくれます。事実「One Step」や「Certain Things Are Likely」はUSAのダンスチャートではそれなりにヒットしたので、彼等の目論見そのものはまんまと成功したと言えましょう。ヴォーカルの声質がDead Or AliveのPete Burnsに似ている低音ということもあって歌メロそのものはやや単調で、それを補って余りあるようなやたらとパワフルな女性コーラス隊が躍動感をもたらしてくれるのは面白いのですが、あまりにシンセの化粧が厚過ぎてちょっと胃もたれしてしまいそうなクドさがあるのもまた事実です。と、いうかイタロ・ディスコのシングル・コンピ盤みたいなアルバムだったりして……(-。-) ボソッ。

「One Step」のPVを。。。。



スポンサーサイト
この記事のURL | Rock / Pop | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<不条理音盤委員会 656 Tanya St.Val 「Ansanm’」 | メイン | 不条理音盤委員会 654 Aktuala 「Aktuala」>>
コメント
- Re: タイトルなし -

>goglemanさん
> このグループは名前くらいは聞いたことありましたがこんな感じだったんですね。
・・・ゴスに精通しているgoglemaさんであれば、このアルバム以前のいかにもといったネオ・サイケ路線の方が好みかもしれません。本当にこの音への変身ぶりはがっかりきたものです。

> 嫌いじゃないんですが、やはりPWL的音が今はさすがに厳しいですね~ブロウモンキーズやトンプソンツインズ、ABC、FYC辺りも連想です。まあ当時はみんなこんな感じでしたけど(笑)
…当時のUK-NWの最後の切り札みたいな感じでPWL的な音を導入するグループが多かったですけれど、いずれも例の鳴り物一色に染まってしまいましたよね。
上記のグループは多分一度もPWLの洗礼は受けていないのですが、このKTPはそんなグループのいいとこどりみたいなアルバムでしたねww。
2009/08/09 18:01  | URL | 片桐真央 #-[ 編集] |  ▲ top

- -

このグループは名前くらいは聞いたことありましたがこんな感じだったんですね。
嫌いじゃないんですが、やはりPWL的音が今はさすがに厳しいですね~ブロウモンキーズやトンプソンツインズ、ABC、FYC辺りも連想です。まあ当時はみんなこんな感じでしたけど(笑)
2009/08/09 00:17  | URL | gogleman #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://mao4735.blog85.fc2.com/tb.php/1301-3d1f9052
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。