2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
不条理音盤委員会 643 マーラー 交響曲第7番「夜の歌」をもうちょっと聴いてボケてみた。。。。
- 2009/06/19(Fri) -
みずほ:マーラーの交響曲第7番「夜の歌」がお気に入りとぉぉ~~♪、可愛い女の子が恥ずかしげに口にしたらぁぁ~~♪、何だか今日イケそうな気がするぅ~~~。
つばさ:。。。。。
みずほ:あると思います!
つばさ:ねぇ~~よ。って、そんなことよりも本家本元の5番勝負見たんか?
みずほ:ここは1点を争う場面ですから、4番を歩かせての満塁策、そしてこのところ不振の5番と勝負というものもうなづける采配ですね~~。
つばさ:どこを見ているんぢゃ!?
みずほ:はいはい、ちゃんと読ませていただいております。ま、あちらはゆうけいさんを筆頭にクラシックやオーディオに精通されている方ばかりなので、レベルが高いのは当然だよなぁ……(-。-) ボソッ。
つばさ:それでも他の演奏も聴いてみたんやろ?
みずほ:ゆうけいさんのアンケートに返信する段階ではこの前の3枚を聴いただけだったけど、どうせならと一念発起していろいろと聴いてみたのだぁ~~。
つばさ:安藤かおりさんも特番で休みだったしねぇ~~
みずほ:うぅぅぅぅぅ~~、それを言うなぁ~~、週に一度の楽しみなんだぢょ~~!
つばさ:それは6/6の話やろが。。。。今日は何日だと思っておる!ええから、はよ、進めんかい!
みずほ:合点だい、親分!
つばさ:。。。。。

uccg1103.jpg

みずほ:まずは名盤の誉れも高いクラウディオ・アバド指揮のベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のものでございますが。。。。
つばさ:「図太く剛直で、ぎっしりと中身の詰まった、含蓄の濃い演奏」らしいけど。。。。
みずほ:最終楽章の鳴り物の賑やかさにちょっと驚きましたが。。。。
つばさ:緊張感が漂うという気もするね、特に第一楽章とか。。。。
みずほ:流麗なオーケストレーションが、まさに「交響曲」といったイメージに相応しい伸びやかさを覚えるような気がしますね。
つばさ:気のせいかミックスダウンが極端なような気がしない?
時々妙に管楽器が浮かび上がってきたり、沈んだりするんだけど。。。
みずほ:気のせいぢゃ!って、そういう専門的なことは詳しい人に聞けばよろし……(-。-) ボソッ。

314KZLkHjnL__SL500_AA240_.jpg

つばさ:さぁ、次はヴァレリィ・ゲルギエフ指揮のロンドン交響楽団の演奏いってみよう~~!
みずほ:ゲルギエフ親分といえば、暴れん坊というイメージもあって、この曲でもド派手にぶちかましてくれるのかと、期待されている向きも多いと思いますが。。。。。それを裏切らないダイナミックさとワイルドさで頭からガンガン突っ走る姿はさすがとしか言いようがなく。。。。
つばさ:聴いていて陰影もコントラストも感じられない賑やか一辺倒の演奏かも。。。。マーラー好きには納得できない面も多いんじゃないかな?
みずほ:言うなれば、ニンニクラーメン・チャーシュー抜きってところでしょうか。。。違うかぁ?
つばさ:ジャケットがクラらしからぬところは秀逸かもね。トランスのジャケみたいだね。。。。
みずほ:あちきのようなミーハーにはたまらない一枚なんです!
つばさ:そういうところがまた親分の人気の秘訣なんでしょうけど。。。。。

417WZ0XE5EL__SL500_AA240_.jpg

みずほ:続いてはオットー・クレンペラー指揮のニュー・フィルハーモニア管弦楽団の演奏なのですが。。。。
つばさ:そろそろ語ってはいけない領域に入ってきたような。。。。。。
みずほ:逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ。。。。。
つばさ:かなりゆったりとしたテンポの演奏が最後まで続くので、かなり長く感じますね~~。
みずほ:その分各楽器の奏でる音にふくよかさのようなものを感じられるという利点はありますね。
つばさ:うんうん、マーラーの作曲意図というべきかスケールの壮大さを見事に表現しているのかもしれないよね?
みずほ:陰影が濃いところがまさに「夜の歌」という雰囲気いっぱいです。。。
つばさ:その分、確実に眠くなることだけは保証しておきます!
みずほ:ま、その点はあちきも否定しないなぁ。。。。(謝X100)。

129d46020ea0783300974110_L__AA240_.jpg

つばさ:で、次に控えしはピエール・ブーレーズ指揮のクリーブランド管弦楽団の演奏ですが。。。。
みずほ:「作品の性格や仕組みを高解像度なレンズで徹底的に描写したような趣」という評もあるようですが。。。
つばさ:ブラス系が前面に出てきたり、ギターの音の響かせ方が特徴的なように思えてきて。。。
みずほ:その分、ストリングは広汎に滲んだような響きのような気がしない?
つばさ:どこまでそういった録音がブーレーズの意図なのかは不明ですが。。。これまたきっちりとした印象を覚える演奏なのかもしれません。。。
みずほ:微妙なそっけなさ感にハマるという人もいるようだよね~。
つばさ:まあ、枠組みの中での緩さというべきか。。。。ゲル状のオーケストレーションていうか。。。どこかきっちりとした中にもつかみどころのない部分が感じられるのは確かです~~。
みずほ:ちと、それは暴言ぽいかも……(-。-) ボソッ。
つばさ:そりゃぁ、私が悪ぅ、ございましたぁ~、ごめんね、ごめんね~~~!
みずほ:今度はU字工事かい……(-。-) ボソッ。
つばさ:で、ボケるネタもなくなったので、今宵はここまでで。。。
みずほ:まだ続くんかい!
スポンサーサイト
この記事のURL | Classic | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<不条理音盤委員会 644 マーラー 交響曲第7番「夜の歌」を聴いてボケとおしてみた。。。。 | メイン | 不条理音盤委員会 642 マーラー 交響曲第7番「夜の歌」を聴いてボケてみた。。。。>>
コメント
- -

>ゆうけいさん
…やはり、クレンペラーは茶化せまんか。。。。
とりあえず何の知識もない片桐が、ぶった切っていくだけのレビュー(と呼べるほどものでもない)なのですが、まだ続きます(笑)。
2009/06/19 23:55  | URL | 片桐真央 #-[ 編集] |  ▲ top

- -

おおっ、ひょっとして5番勝負の再現か(笑!

>逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ。。。。。

秀逸ですね~、笑いました。ちなみに私はクレンペラー逃げました、これをちゃかすとご高齢のクラマニアの方から総スカンを食らいます(爆。
2009/06/19 19:21  | URL | ゆうけい #PrUf/QBU[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://mao4735.blog85.fc2.com/tb.php/1277-118f026f
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。