2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
不条理音盤委員会 Special Edition 音楽バトン
- 2006/10/23(Mon) -
音楽・映画・美術・文学、それにオーディオ&ラグビーといった幅広い分野の話題を展開されている「ゆうけいの月夜のラプソディ」の管理人ゆうけいさんから音楽バトンなるもののご指名をいただきました。まぁ、普段から言っていることも含めてぼちぼちと回答していこうかと思いますので、皆様ご付き合いの程を。。。。。


《1.初めて好きになったアーティストは?》
皆様のところでも触れているのですが、片桐のスタートは父親が所有していたクラシックやポピュラー音楽のレコードを聴き始めるということなのですが、その中でもマンボの王様Perez Pradoのベスト盤は子供心にも楽しく響きました。おそらく廉価版みたいなものだったと思うのですが、「マンボNo.5」「エル・マンボ」「闘牛士のマンボ」「セレソ・ローサ」「タブー」「南京豆売り」といった馴染みの名曲が全盛期の演奏で収録されていました。

41DD3FssP1L__SL500_AA300_.jpg

Prez Pradoと一緒に聴いていたのがハワイアン・ミュージックの巨匠バッキー白片氏さんと彼のバンドがクラシックの名曲をハワイアン風にアレンジしたアルバムでした。これまたベスト盤みたいなものでしたが、「エリーゼのために」「未完成」「ハンガリアン舞曲第5番」「新世界」といった耳に馴染んだ曲をエキゾチックに演奏していて、これまたハマりました。10歳頃の思い出です。
・・・でも、当時聴いていたアナログ盤の音源は廃盤になってしまって、未だCD化されていないようですね。バッキーさんの純正タッチのハワイアン音楽もいいのですが、このクラシックをアレンジした音源も復刻してもらいたいものです。

41DYC6DFY2L__SL500_AA300_.jpg


《2.初めて買ったCDは?》
レコードで初めて買ってもらったのはムソルグスキーの「展覧会の絵」かJ.S.Bachの「ブランデンブルグ協奏曲集」のどっちかかと思うのですが、CDではXTCの「Orange & Lemons」だったかと思います。「Skylarking」まではLPで出ていたのですが、このアルバムはCDのみでリリースということでこの頃からCD主流に購入するようになりましたね。

61IQ5vz9MCL__SL500_AA300_.jpg


《3.今持っているCDの枚数は?》
正確に数えたことはないのですが(その気もないし・・・・)、1500枚くらい??その他にアナログ盤500枚くらい、DLした音源ファイル3000曲くらいですかね。。。。。

《4.今、一番好きなアーティストは?》
最近フィンランド関連にハマっているので、Lau NauことLaura Naukkarinenさん。先日リリースされたChamellows 「Rat Hearts」もまた素晴らしい出来でした。ま、コロコロと変わるのですが基本的に不思議系女性アーティストには心魅かれてしまいます。

Lau20Nau20By20M_Kuorinki.jpg


《5.一番最近、買ったCDは?》
ナゴヤハローさんのところで紹介されていたギリシアの女性ヴォーカリストΧΡΥΣΠΑさんの「ΠΟΣΑ ΧΡΩΣΤΑΩ」です。このジャケットで買わないというのは隙間音楽探検隊の名に恥じるというわけでして。。。ナゴヤハローさん曰くの「谷間買い」ですがジャケ同様に(?)、作品自体も素晴らしいものでした。

coverxfrtyoo.jpg


《6.普段言わないけど実は好きなアーティストは?》
言っているかもしれませんが、イルカさん。「なごり雪」「いつか冷たい雨が」「雨の物語」「サラダの国から来た娘」「夜明けのグッドバイ」「Follow Me」・・・・みんな歌えます。これまた、言っている可能性大ですが、谷山浩子さん、沢田聖子さんといった女性ニュー・ミュージック系の人も結構好きです。

iruka.jpg


《7.解散して残念だなぁ~って思うアーティストは?》
いろいろとありますが、3Mustahas3の解散というか、自然消滅はちょっと残念でした。元々遊び心で演っていたユニットですが、彼らが試みたエスノの意図的な誤読のようなものが脱・構築世代には心地よいものでした。

SoupBooklet2.jpg


《8.初めに思いつく一人のアーティストは?》
尊敬もしている人という意味で、故Syd Barrett氏。永遠に輝き続けるダイアモンドの原石ですね。その他にKevin Ayers、Julian Cope、Mike Oldfieldといったところでしょうか。。。。

Syd_Barretttyyyrrrrr.jpg


《9.初めに思いつく二人のアーティストは?》
Puffy!ちなみに片桐は大貫さんの方が好きです。どちらが吉村由美さんか大貫亜美さんかとお悩みの方も多いと思いますが、背が小さく、右側に写っているのが大貫さんです。

puffycvbbnnghgh.jpg


スポンサーサイト
この記事のURL | Others | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<不条理音盤委員会 Special Edition 音楽バトン Part 2 | メイン | 不条理音盤委員会 434 Godeley And Creme 「Good bye Blue Sky」>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://mao4735.blog85.fc2.com/tb.php/1256-d8c2ddc7
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。