2018 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2018 06
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
不条理音盤委員会 489 I Am Robot And Proud  「The Catch & Spring Summer Autumn Winter」
- 2007/04/03(Tue) -
Seven Starsを愛喫しているのですが、これにはソフト・パックとボックスという2種類あって微妙に味が異なるというのは困りもので、自動販売機で押し間違えたりすると気分がブルーになってしまうので、いつも歩いて3分のコンビニで買うことが多いのですが、いつもよくいるめちゃ美人の店員さんが煙草を買いにきたわけでもないのにレジでの支払いの際に後ろを振り向いてセブンスターを手にするという習性が身についてしまったのには苦笑してしまいますが、その美人の店員さんが20歳にして2度離婚経験&娘一人ありという事実に驚愕している片桐と言います。

935_big.jpg


というわけで、これまたmattsmoodさんのところで教えてもらった、トロント在住のShaw-Han Liemによる一人エレクトロニカ・ユニットI Am Robot And Proudの入手困難と言われていた1stアルバム+EPがカップリングされたアルバムが再発されたので速攻でゲット!キラキラ輝くようなエレクトロニクス音、コロコロ転がるようなビート、柔らかで温かみのある生音も絡ませたメロウでファンタスティックなイメージ満点のポップ・エレクトロニカ風味なのですが、そんな中にもしっかりとグルーブ感を潜ませている遊び心のような感覚も楽しい一枚です。mattsmoodさんがこのユニットを評して曰く、「ほんのちょっと坂本龍一 meets 教育テレビ、という印象」という言葉はけだし名言です。
ユニット名から連想されるようにKraftwerkっぽいベースラインや坂本龍一氏の初期のアルバム、あるいはYMOとテクノ・ポップを経験してきた人ならば思わず顔がほころんでしまいそうな微笑ましさも感じられ、しかもデジタル・シンセっぽい印象は少なく(HPを見るとMoog Ⅲ-CやKorg Ms-10の姿も。。。)、おそらくアナログ・シンセで創り上げたのではないかと思われる浮遊感を伴った音の数々には既視感や懐かしさといったようなものさえ覚えます。
もうハマってしまいますね。

My Space.comでは最近の音を聴くことができます。
http://www.myspace.com/iamrobotandproud



スポンサーサイト
この記事のURL | Techo Pop / Electronica | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<不条理音盤委員会 490 Liaisons Dangereuses 「Same」 | メイン | 瑣末的日常電視台 7 猫>>
コメント
- -

>mattsmoodさん
・・いつもありがとうございます。この1stアルバムそのまんまの曲ってうちの次男がよく見ている番組で普通に流れてきそうです。それにしてもこの人のアルバム妙にハマってしまいます。
教えてもらったLuna Parkからはチェックしたいアルバム多くて嬉しい悲鳴ばっか挙げております(爆)。
2007/04/05 18:19  | URL | 片桐真央 #-[ 編集] |  ▲ top

- -

他にほしいものもあるしでなかなか手がでず、これはまだ聴いていませんけど、なんともいえない温かみがあってわたしもハマりました。
>坂本龍一 meets 教育テレビ
Mao.Kさんのように知識もボキャブラリーもないので名言なんてとんでもないですけど、なんとなくわかってもらえたようなのがうれしいです。
2007/04/04 23:11  | URL | mattsmood #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://mao4735.blog85.fc2.com/tb.php/102-41eadbae
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。